北向きの部屋にもメリットはあるんです!

  • FaceBook
  • Twitter
  • Google+
  • はてなブログ
  • pocket

北向きの部屋にもメリットはあるんです!

新築や賃貸など住宅を考えるときにまず南向きが良いと考える人は多いでしょう。日の当たる明るい南向きの物件に比べて北向きの物件は人気がありません。ですが北向きの部屋や物件にも、実はそれなりのメリットがあるんです。

北向きのデメリッとは?

南向き神話という言葉があるように、嫌煙されがちな北向きですが、その理由としてまず挙げられるのは、日光が部屋に入ってきにくいという点です。年間を通して日照をほとんど得られません。したがって冬場は寒く、南向きの部屋よりも暖房をつけても室内の温度が上がりにくくなってしまいます。昼間の暖房費は、南向きに比べると上がってしまうでしょう。それから室内の明るさは、直射が入らないという利点にもなり得ますが、暗くなりがちです。また、二重サッシなどで断熱性が高くなっていない場合、北側窓には結露ができやすくなってしまいます。よって湿度も高くなってしまうので、湿気には注意が必要です。洗濯物はバルコニーなどの方向で変わりますが、日光で直接乾かすということがほとんどできません。とはいえ北向きの部屋でも多少東を向いているなどで日当たりの制限具合は変わってきます。

北向き部屋のメリットはこれ!

北向きの部屋や物件のメリットはなんといっても価格が安いことです。そして北向きのデメリットとして挙げたものは、意外とクリアできてしまうものも多いです。まず冬場の寒さですが、昼間に使用する部屋でなければ、日差しの少なさによる暖房費の価格を気にする必要はありません。またマンションなどの集合住宅で、角部屋や最上階でなければ、周囲を住戸に囲まれているので一戸建てに比べて冬でも一般的に暖かいです。またコンクリートの躯体は熱を蓄える必要があるので、一度室内が暖まってしまえば冬でもそれほど寒くはないでしょう。そして最近のマンションは二重サッシであることがほとんどで、断熱性能も高くなっています。また夏は涼しく過ごせるという大きな利点もあります。それから窓からの眺めですが、北側の窓からは南を向いている景色が見えます。緑や花など植物は南を向いて咲きますので、北側の庭など、窓からの眺めは最高なのです。

ライター/オウチーノ コラム
  • FaceBook
  • Twitter
  • Google+
  • はてなブログ
  • pocket
ページトップへ