働く女性が考える、働く女性のためのリビングを見学してきた!―東京建物「Bloomoi Mates”理想のリビング空間”」展示会

  • FaceBook
  • Twitter
  • Google+
  • はてなブログ
  • pocket

働く女性が考える、働く女性のための、住まい。

こんにちは、オウチーノの女性活躍推進担当・清水菜保子です。2月17日(水)、分譲住宅「Brillia」を展開する東京建物株式会社の「Bloomoi Mates(ブルーモワメイツ)”理想のリビング空間”」の展示会に行ってきました。

「Bloomoi(ブルーモワ)」とは、住宅購入者に共働き夫婦が増えたことにともない東京建物が立ち上げた、”働く女性がもっと幸せになる住まい”を考えるプロジェクトです。プロジェクトメンバーとして集ったのは、部署を超えた女性社員8名。企画以外の部署の方も参画していたので、やらされ意識が出ないように楽しく、美味しいご飯を食べに行ったりもしながら、プロジェクトを進めていったとか。
義務感ではなく、「女性社員が前向きに取り組める環境」を作ることが重要なんですね!聞いていて、勉強になりました。
これまでは、KIRINやみずほ銀行といった女性が活躍している企業の女性社員・行員と、共同で商品開発を行ってきました。KIRINとは、KIRINの商品と共に「お酒がもっと楽しめるキッチン」を提案したそうです。
その後、一般公募より選ばれた20代から40代の働く女性6名と、おしゃれインテリアショップACTUSで働く女性4名で「Bloomoi Mates」を結成。独身の方、DINKSの方、子どもがいる方がそれぞれの観点を持ち寄り、「理想の住まいのカタチ」を創り上げました。今回は彼女たちのアイディアが詰まったリビングが、お披露目されました。

完成図

この理想のリビング空間を作るために「Bloomoi Mates」たちは、まずそれぞれが持つリビングの悩みや理想を共有。独身、DINKS、子どもがいる家庭では悩みはそれぞれ異なりますが、「スッキリとしたリビングにしたい」という想いは共通していたそうです。モノが多くなりがちで、お客様をお通しすることもあるリビングは、やはり豊富な収納が必須ですね。
このような意見を出し合い、レイアウトを考え、10分の1の模型で検証し、そして実物大のモデルルームが出来上がりました。

ブルーモワミーティング

このモデルルームでのポイントは以下の6つ。

アイランドキッチン

キッチンは、両側から入ることができ、家事導線が確保できるアイランド型を採用。最近ではフルフラットなキッチンも多いですが、「汚れが飛んだり、手元が丸見えなのは避けたい」という声を活かし、15㎝程の高さのカウンターを設けました。

アイランドキッチン

ブルーモワライブラリー(デスクスペース)

ブルーモワライブラリー 主婦の「料理の合間に作業できる、広くはないけれど自分だけのスペースが欲しい」という声を元に、キッチンの壁面に幅40㎝×高さ90㎝のライブラリーを設置しました。来客時には扉を閉めて隠すことが可能。料理中、手が空いた時にちょこっと作業をしたり、レシピを整理したりと、自分だけの空間と時間が楽しめそうです。

ブルーモワポケット

キッチン横に収納を設置し、リビングに散らばるモノを収納できるようにしました。「今のリビングには昔の電話台のような、診察券や領収書など家族の大事なモノを置いておく場所がない」という声から作られました。何かあった時、家族はここを探せばいいわけですから、便利ですね。

ブルーモワポケット

壁面収納

「リビングの収納が足りない」という声が多くありました。「お気に入りのものは見せ、隠したいものは隠す」を1つの収納で叶えました。

壁面収納

ブルーモワラック

「外出先から帰って来た時に、バッグをリビングの床に置くと生活感が出てしまう…」という声を元に、バッグや、アクセサリー、時計などを置けるラックを設置しました。

ブルーモワラック

大型のL字ソファー

「忙しい日々のなか、リビングではリラックスしたい」という声があり、大きめのL字ソファーを置きました。

大型のL字ソファー

「Bloomoi Mates」たちが創った「理想のリビング」には、働く女性のリアルな声が細部にまでちりばめられていました。リビングは綺麗におしゃれにしていたいけれど、仕事が忙しかったり、子育てがあって思い通りにできない、という人も多いのではないでしょうか。そんな時、見せたくないものは綺麗に隠せたり、とりあえず置ける場所があったりと、まさに働く女性の「これあったらなぁ~」が叶えられているリビングでした。
一般的に女性は、家にいる時間が男性より長い分、住まいに求めるものやこだわりも多くなります。それゆえ、住宅購入の決定権は旦那様が持っていたとしても、裏では奥様の声が大きく反映されている家庭も少なくありません。そんな女性たちの心を満たしてくれる住まいは、きっと家族の暮らしをより豊かにしてくれることでしょう。

ライター/オウチーノ総研 清水
  • FaceBook
  • Twitter
  • Google+
  • はてなブログ
  • pocket
ページトップへ