住まいのゲーテくん

中古マンション探しと購入を検討し始めたらチェックしたい26項目

中古マンション探しと購入を検討し始めたらチェックしたい26項目

住宅は、一生のうちで一番高額な買い物であり、かつ人生の多くを費やす場です。だからこそ、購入してから後悔することは絶対に避けたいですよね。失敗を避けるために、あらかじめ注意すべき点や失敗しやすい点をおさえておきましょう。

【物件探し】16の注意点

中古マンション

マンションを買うためには、まず物件を探すところから始まります。この段階で既に注意すべきポイントが多くあります。
金額が大きく、かつ生活に密着するものだからこそ、自分がどんな暮らしをするために、どんな物件を必要とするのか、数ある物件に流されないでチェックしておきましょう。

  • <物件探しで注意すべき16のこと>
  • ・家族の人数や年齢、収入に見合った条件で探しているか(諸費用の存在も忘れずに!)
  • ・物件周辺の治安はいいか(昼間だけでなく夜間も確かめてみましょう)
  • ・共用部分の清掃はきちんとされているか
  • ・エレベーターなどの設備は定期点検されているか
  • ・屋上の防水加工は問題がないか
  • ・外壁にひび割れがないか
  • ・室内の排水や給水は正常か
  • ・床暖房などの付属設備は正常に動くか
  • ・メンテナンスは定期的に行われているか
  • ・収納は足りているか
  • ・隣や上下階、外からの騒音は気にならないか
  • ・新耐震基準を満たしているか
  • ・振動は気にならないか
  • ・希望するリフォームが可能な物件か
  • ・隣人はどのような人か
  • ・通勤通学が不便でないか

【契約・ローン・諸費用】10の注意点

中古マンション

マンションは、物件価格だけ支払えば手に入るものではありません。契約時に様々や諸費用がかかります。
また、ローンには審査があります。無理なプランではローンが通らず、気に入った物件を購入できないことも。
引き渡しまで気を抜かず、以下のポイントをおさえて契約を進めましょう。

  • <契約やローンで注意すべき10のこと>
  • ・重要事項説明書の内容は問題ないか(契約日より前に入手し、読み込んでおくのがベスト。気になる点があったらそのままにせず、確認しましょう)
  • ・頭金とローンは、無理なく支払える金額か
  • ・子どもの教育資金や親の介護費用など、将来を見据えての資金計画は立てているか
  • ・住宅ローン減税が適用されるか
  • ・ローン特約をつけているか、その内容に問題はないか
  • ・修繕積立金の金額は相場と比べて妥当か、直近で値上げの可能性はないか
  • ・固定資産税は予算内か
  • ・物件に抵当権がついていないか、また仮登記となっていないか
  • ・前の所有者が修繕積立金を滞納していないか
  • ・駐車場を使用する場合、条件や契約内容に問題はないか(建物の契約とは異なる場合があります)

中古マンション購入でよくある失敗3選

中古マンション

・買った後にシロアリや水漏れが発覚
見た目には特に問題がないように見えても、壁の裏側でどのようなことが起きているかわかりません。ちょっとした配管ミスでわずかな水漏れが発生した場合でも、時間がたつにつれて腐食を招くケースも。購入前に住宅診断を依頼するのも一案です。

・前の所有者(売主)が期日までに引き渡さない
中古物件では、前の住人が期日までに退出していないケースもあります。競売物件では居座りというトラブルが発生することもあります。空き室ではないマンションを買う時には、契約時に入居できない場合の保障を確認しましょう。

・修繕積立金が不足し、積立金が値上げ
予定外の改修が発生した場合、それまでの積み立ててきたお金では賄えないことがあります。そうなると、修繕積立金が値上がりする可能性があります。マンションの状態や修繕計画を事前にチェックし、余裕ある予算で物件選びをしましょう。

中古マンションの購入は、瞬間的な買い物ではないからこそ気をつけるべきポイントがたくさんあります。物件を見に行く時には、あらかじめチェックリストを作ったり、詳しい人に同伴を頼むなど、大事な注意点を見逃さないようにして探してみてはいかがでしょうか。

キーワード
気に入ったらシェアしよう!
  • リスト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おウチのことなら、オウチーノ

o-uccinoは不動産・住宅の総合情報サイトです。新築・中古住宅、賃貸住宅の情報はもちろん、リフォーム・リノベーション、建築家による注文住宅、物件の売却や不動産投資関連の情報まで幅広くサポート。住まい探しや、暮らしに役立つオリジナルの編集記事も満載です。全国の不動産・住宅情報を探す、知るなら日本最大級の不動産サイト「O-uccino」をご利用ください。

ページトップへ