住まいのゲーテくん

【家売るオンナの話】vol.1 上野の家売るオンナ

【家売るハナシ】vol.1 上野の家売るオンナ

日本テレビドラマ『家売るオンナ』が、SPドラマとして復活!
『家売るオンナ』の主人公、北川景子さん演じる三軒家万智は、「売れない家はない」不動産屋のスーパー営業ウーマン。

三軒家万智と言えば、お客さんの声にはならない本当の希望を見抜き、常識に縛られない提案で、一癖も二癖もある相手に家を売ってきました。
SPドラマではママになって!?帰ってくる三軒家万智。次はどんな突飛なアイディアで、家を売るのでしょうか?2017年5月26日(金)の放送が楽しみです!

……しかしオウチーノ編集部は26日まで待ちきれない!ということで、街の三軒家万智を探すことに。リアル『家売るオンナ』に家売る話を聞いてきました。

条件に当てはまらずも、子どもの一言で住まいが決定!?

今回、お話を伺ったのは、オークラヤ住宅株式会社・上野営業所の押田優子さん。

オークラヤ住宅株式会社 上野営業所 係長
押田優子さん(宅地建物取引士)
2002年4月に入社し、不動産取引に携わって15年。主に、東京都江東区亀戸や江戸川区平井、墨田区の錦糸町周辺を担当。趣味はスキューバーダイビング。休日は潜りに行っています!
押田優子さん

――こんにちは。早速ですが、印象に残っている不動産販売のお仕事はありますか?

こんにちは。印象に残っているお客様はたくさんいらっしゃいますが、ファミリーのお客様で、お子様たちに最終決定がゆだねられたことがありました。
もちろん大人主体で物件選びを進めていかれたのですが、最後にお子様たちを連れてこられて、「どう?」と。お子様たちの「住みたい!」の一声で、その物件に決まりました。
不動産取引は最後まで大人が主体で決めていくことがほとんどですから、お子様を連れられてきて、お子様の方の一言で決まったのは印象的でしたね。
実はこのご家族、最初の条件とはまったく違う住まいに決められたんです。

押田優子さん

――(早速三軒家万智的エピソードが!?)……と、言いますと?

上のお子様が小学生、下のお子様も小学校に上がるタイミングということで、もともと住んでいる家の近所、「学区内」が第一条件でした。しかし、ご予算面などとの兼ね合いで、学区内ではなかなか決まりませんでした。
内装が仕上がっている物件の方が決めやすいだろうと思い、近くに公園があり、内装が仕上がっている物件を中心に、一度「学区」から離れご紹介していきました。
駅からの距離や公園などの周辺環境、買い物環境など、生活のしやすさに重きを置いて提案するなかで、駅から徒歩約7分と近いにも関わらず幹線道路に面していない奥まった場所にあり、徒歩2、3分で公園や買い物施設に行くことができる物件がありました。 「お買いものにも便利」「お子様を遊ばせる場所も豊富」と、生活主体でお話させていただき、「ここにしよう」と大人たちの意見が固まりました。無事、お子様からの「住みたい!」の声もいただき、決まりました。
結果、最初の第一条件であった「学区」はまったく違う住まいに決まり、上のお子様は転校されることになりましたが、転校してまでも住みたいと思っていただける家を見つけていただけたということでもあるので、とても良かったです。今もそのご家族とは、定期刊行している紙面のアンケート等でお声をいただいたりと関係が続いています。

「ゆっくり笑顔で話す」、安心感に繋がる第一歩

「ゆっくり笑顔で話す」、安心感に繋がる第一歩

――不動産売買に携わるなかで、女性ゆえに苦労したことなどはありますか?

今は少なくなってきましたが、特に若いうちは「女性に任せられるか!」という方もいらっしゃいました。そういう方とは、ゆっくり時間をかけて話すしかないのかな、と思います。
70代の男性の方で、「女性から不動産は買わない」とおっしゃられる方がいました。奥様が緩衝剤になってくださったことも大きかったのですが、結果住んでいた家を売却して、新しい家を買っていただきました。

――すごい!「住み替え」されたんですね。

その方とは、まず「売りませんか?」というお話から始まりました。そうしたら、「良い物件があったら売るから、3日以内に買う家を探してこい!」と。少し無理な要求ではありましたが、その時たまたま「売る」という方がいらして、話がまとまりました。運が良かったとも思いますが、言われたことを素直に一生懸命やったことが功を奏したのかな、と。

押田優子さん

――最近の傾向などはありますか?

最近では以前に比べ女性のお客様もとても増えました。ご家族で住まいを決める際も、奥様やお嬢様の意見が大きく反映されることも多いですし、売りたいというお客様も女性が増えました。営業担当が女性だと、特に女性の方には安心感を持っていただきやすいかもしれません。女性営業のメリットは高まっていると感じます。
大きなお取引でもありますし、「不動産は怖い」というイメージから入られる方もまだまだたくさんいらっしゃいます。それをどれだけ打開できるかがカギですよね。
そのために最も心がけているのは、基本的なことですが「ゆっくり笑顔で話す」こと。これが信頼や安心感に繋がります。

「100%」は難しいからこそ、大事なのはお客様目線

「100%」は難しいからこそ、大事なのはお客様目線

――「家売る」際、最も大切なことは何ですか?

「お客様目線になること」です。お客様目線に立って話せば、お客様も構えずスッと話が入ってきやすいと思うんです。
新築・中古問わず、お客様の目的や希望に100%マッチした物件があるかと言ったら、それはとても難しいです。
なので、そのお客様にとってのマイナスな点をどのように解釈するかが重要です。違った見方をすれば、そのマイナス面は0もしくはプラスになるかもしれません。お客様目線で、「何がダメなのか」「なぜそう考えているのか」を一歩踏み込んで聞き出し、そこの解決法や新しい解釈を提案することで納得いただくよう心がけています。

――マイナス面の新しい解釈……万智ですね!

お客様の懐に入り売り買いするようになり、クレームもなくなりました。事務的に淡々と売っていた時はクレームが発生することも多かった気がします。契約に至るまでの事前段階できちんと人間関係を構築することが何よりも重要だと感じています。
お客様は100人いれば100通りの考え方を持っていて、15年営業を続けていますがいまだに新しい考え方に出会うことが多くあります。日々勉強ですね。

――ありがとうございました!

今回おジャマした不動産会社はココ!
オークラヤ住宅株式会社 上野営業所
〒110-0015 東京都台東区東上野1-14-4
TEL:03-3832-5161
HP:http://www.ohkuraya.co.jp/
主な担当エリア:台東区、墨田区、足立区、葛飾区、江東区、江戸川区、荒川区、北区、文京区

住宅購入キャンペーン
キーワード
気に入ったらシェアしよう!
  • リスト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おウチのことなら、オウチーノ

o-uccinoは不動産・住宅の総合情報サイトです。新築・中古住宅、賃貸住宅の情報はもちろん、リフォーム・リノベーション、建築家による注文住宅、物件の売却や不動産投資関連の情報まで幅広くサポート。住まい探しや、暮らしに役立つオリジナルの編集記事も満載です。全国の不動産・住宅情報を探す、知るなら日本最大級の不動産サイト「O-uccino」をご利用ください。

ページトップへ