賃貸物件の入居審査で落ちる人ってどんな人?基準や審査方法とは

  • FaceBook
  • Twitter
  • Google+
  • はてなブログ
  • pocket

賃貸の入居審査で落ちた!ポイントは年収と家賃のバランス

入居審査は賃貸物件を借りられるかどうかの大切な項目です。しかし、どんなことを基準に審査されているのかをあまり耳にする機会はありません。どれくらいの年収なら受かる?収入が少なくても通ることはある?など、さまざまな疑問を解決していきます。

入居審査に落ちる人の特徴

入居審査の基準となるのは当然、「家賃を滞納せずにきちんと払ってもらえるか?」です。残念ながら審査に落ちてしまった、という人にはどんな特徴が挙げられるのでしょうか?

勤続年数が短かったり、収入に対し高すぎる部屋を申し込んでいる、職業に不安がある(怪しいビジネスを行なっているなど)、信用できない人柄である、さらに、連帯保証人の支払い能力が低い、といった理由が考えられます。

一般に水商売の方が審査に受かりにくいのは、職業や収入面よりも、生活の時間帯が異なることによる、生活音などの近隣トラブルを避けるためでもあります。歓楽街に近い物件など、近隣にも同じ生活サイクルの方が多い所を選ぶと、審査にも通りやすくなります。
家賃を支払う能力は十分あるのに審査に受からないという場合には、大家さんや不動産会社の経験則から、支払い能力以外の点で問題がありそうだと思われていることもあるのです。

その他、ルームシェアや同棲カップルは敬遠されることもあります。シェアを解消したり、別れてすぐに出て行ってしまう可能性もあるためです。カップルなら婚約しているなどの事情をしっかり伝えたり、長く住む意思があることを伝えると大家さんに安心してもらえます。

ちなみに、ある保証会社で審査が通らなかった場合は、次に同一の保証会社に申し込んでも通らない可能性が高いです。一度落ちてしまったら、別の保証会社を取り扱う物件を探す方が良いでしょう。

どれくらいの年収があれば審査に通る?

どれくらいの年収があれば審査に通る?

入居審査には、年収いくら以上でクリアできるなどという、はっきりとした基準はありません。設定家賃に対して、支払い能力があるのか?という点を審査します。
ですから、入居者の職業や年収、勤続年数、連帯保証人の続柄や年収など、総合的な観点から判断されるのです。

物件の家賃が低ければ、それだけ入居審査のハードルも低くなるので、自信がない場合は収入に対してあまり高すぎない物件を選ぶようにしましょう。一般に、住居費は収入の25%~30%以下が適切だと言われています。この水準を超えないように心がけると、審査も通りやすくなり、入居後の生活バランスも取れて暮らしやすくなります。

ただし、月収15万円と30万円では、同じ30%でも残りの余裕資金に差が出ることは言うまでもありません。収入面で審査に通るか不安な時は、勤続年数やきちんとした職業であるなど、アピールポイントを考えてみましょう。
入居者に不安材料があれば、連帯保証人の審査も厳しくなりますから、より収入の安定している親族を連帯保証人に立てることで、審査をクリアできる可能性が高まります。

意外と見られている!?見た目で判断されることもある

見た目で判断されることもある

不動産会社にチェックされることが多いのは、信用のおける人物かという点です。職業などによっても影響されますし、この人は審査に通る、通らないということをすぐに見抜いてしまう場合もあります。

現に、入居審査というのは不動産会社が任されて行うケースもあります。この人は審査に受からないな、と判断されてしまうと、他の物件をそれとなく勧められる可能性が高いです。
賃貸契約で一番接する機会が多いのは、不動産会社の営業担当の方です。お部屋探しのために来店したり内覧に訪れる時から、身なりや言葉遣いなどにも気を配っておきましょう。
清潔感のある服装を心がけたり、横柄な態度を見せないなど、ちょっとした心配りでも印象は変わります。

入居審査後のキャンセルはできる?

入居審査に受かったものの、さらに条件の良い物件が見つかった、急に引越しを取りやめることになったなど、事情はさまざまあるかと思います。審査通過後にキャンセルしたいという場合、申し込みまでで契約には至っていないので、正確にはキャンセルできます。

しかし、マナー面では不動産会社や大家さんから決して良い印象は持たれません。審査中は物件の新規募集を打ち切ったり、契約のための手配などで大家さんや不動産会社が動き出します。その最中に申し込みを取り下げれば、迷惑になります。不動産会社にはまた直前でキャンセルされてしまうかもしれないと警戒されますし、次の物件を申し込む際の、審査に響かないとは限りません。

入居審査の期間は、審査に出されてから数時間~数日で結果が出るので、契約までのスケジュールもすぐに決まってきます。よほどのことがない限り、申し込み後のキャンセルは避け、申し込みをする際はよく考えてから行動するようにしましょう。

無職の場合の対処法

無職の場合、物件を借りることはできないのかというと、決してそうとは言い切れません。定職に就いている場合よりも審査が厳しくなるのは当然ですが、支払い能力を証明できれば、審査を通すことは不可能ではありません。

例えば、銀行預金がある場合は預金通帳のコピーや残高証明書(銀行で発行可能)を証拠書類として提示したり、連帯保証人には収入の安定している身元の確かな人物を立てることで、入居後に無職の状態でも、どう家賃を支払うのかを証明することが重要なのです。
例えば学生でも一人暮らしが可能なのは、連帯保証人の支払い能力がしっかりしている場合に限るのです。

求職中という場合でも、預金が豊富にあって手に職がある方なら、審査に通る可能性が高いです。内定が決まっている場合には、内定証明書の提出を求められることもあります。
信用力があれば、物件によっては収入に関係なく、審査にクリアできることもあるのです。現在無職である正当な理由や、働く意思があることをきちんと伝えることが大切です。

諦めずに相談しましょう

「自分は収入が少ないから」「年齢が若いから」などと諦めずに、証明できることは公的書類を揃えてアピールする。不安点があるなら、不動産会社に前もって相談すれば、アドバイスをくれることもあります。 嘘をついたりごまかそうとするよりも、営業担当の方とコミュニケーションを取って理解してもらうことが大切であり、審査に通るための近道といえるでしょう。

ライター/長谷川 チエ
  • FaceBook
  • Twitter
  • Google+
  • はてなブログ
  • pocket
ページトップへ