暮らしのゲーテくん

世界一小さな国、シーランド公国の暮らし

「シーランド公国」という国の名前を聞いたことはありますか? 「自称」世界でもっとも小さい国です。

「自称」世界最小の国!シーランド公国ってどんなところ?

シーランド公国とは、イギリス沖約10キロメートルの海中にそびえたつ構造物です。2本の太い支柱の上に、巨大な鉄板を渡したような形状をしています。第二次世界大戦中にイギリス軍が備えていた4つの海上要塞の1つで、その中でもっとも北に位置しています。戦時中は150人から300人の兵士がそこで生活していました。戦後は放置されていましたが、海賊放送によるイギリス放送法違反の罪で訴えられた元イギリス陸軍少佐のパディ・ロイ・ベーツが、当局の手を逃れるため1966年にこの要塞を占拠。1967年9月2日、要塞を「シーランド」と名付けて自らもロイ・ベーツ公を名乗り、独立宣言をしてしまったのです。罪を逃れるため、無理やり治外法権の状態を作り上げたわけです。翌1968年にはイギリス船に警告射撃を行って訴えられますが、この要塞はイギリス領海外に存在していることから、裁判でイギリス司法管轄外であると認定を受けました。1978年には西ドイツの投資家アレクサンダー・アッヘンバッハによるクーデターが起きましたが、ロイ・ベーツ公自らが軍人時代の人脈を駆使して国を奪還。西ドイツはシーランド公国に外交官を派遣し、アッヘンバッハの解放交渉を行いました。ロイ・ベーツ公は2012年10月9日、91歳でこの世を去り、今は息子のマイケル・ベーツが後を継いでいます。

謎に満ちた国、シーランド公国の生活

シーランド公国は全ての国連加盟国およびバチカン市国よりも面積が小さく、「我が国こそ世界最小の国である!」と自称しています。ただし2014年現在で、シーランド公国が国であると認めている国は、世界のどこにもありません。国際法によると国家成立の要件には「領土」があり、人工物であるシーランド公国は国連条約などによると、領土とは認められません。そのため国際法上も、シーランド公国は国家とはいえないのです。現在の人口は4人ですが、政府職員は14人。主な収入源は、インターネットによる爵位や商号、グッズの販売です。日本でもタレントの西川きよし氏や流通ジャーナリストだった故・金子哲雄氏など、著名人がこの国の爵位を取得しています。入国手段は、船もしくはヘリコプター。要塞全体が第二次世界大戦時のものなので、耐久性には問題が生じつつあり、2006年には老朽化した発電機から火災が発生しました。国家存続は楽ではないらしく、2007年にはシーランド公国全体が6,500万ポンドで売りに出されていることが報道されました。男爵の爵位は2014年10月現在、44ドル98セントで手に入ります。たったこれだけの金額で貴族になれるなんて、ちょっと夢のある話です。話のタネに、検討してみてはいかがでしょうか。(出典 ウィキペディア 2014年6月現在)

キーワード
気に入ったらシェアしよう!
  • リスト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おウチのことなら、オウチーノ

o-uccinoは不動産・住宅の総合情報サイトです。新築・中古住宅、賃貸住宅の情報はもちろん、リフォーム・リノベーション、建築家による注文住宅、物件の売却や不動産投資関連の情報まで幅広くサポート。住まい探しや、暮らしに役立つオリジナルの編集記事も満載です。全国の不動産・住宅情報を探す、知るなら日本最大級の不動産サイト「O-uccino」をご利用ください。

ページトップへ