川沿いの家のメリット・デメリット

  • FaceBook
  • Twitter
  • Google+
  • はてなブログ
  • pocket

近頃は都市部のウォーターフロントやリバーサイドの再開発が進んでいます。景観や日当たりが良いなどの話も聞きますが、実際に住むとなったらいろんな注意点があります。川沿いの家のメリット・デメリットをきちんと把握して、最適な物件を選びましょう。

川沿いに住むメリット

まずは川沿いの家のメリットを紹介します。昨今の川沿いの再開発や下水道の整備によって、河川の下流域に発達してきた都市でも、清流を見ることができるようになりました。以前より着実に浄化が進んでいることで、都市のウォーターフロントなど、川沿いを中心とした街づくりが多くみられるようになったのです。
川沿いでは、夏でも風が発生するため、風の通り道になることで快適に過ごせることも多く、ヒートアイランド現象を押さえられるケースもあるようです。さらに川の幅の分だけ日当たりが良いという利点も上げられます。その上、周りを隔てる建物や木々がないことから、半永久的に続く眺望などのメリットが多くあります。
また、花火大会などのシーズンには、家に居ながら人ごみを気にすることなく花火を観賞することができます。都会にいながら、少しでも自然に触れられる環境の中で生活することで、“癒し”効果も得られるのではないでしょうか。

川沿いに住むデメリット

メリットもあれば、残念ながらデメリットもあります。意外と気が付かないのが、羽虫の襲来リスク。コンクリートでガチガチに固められた都心の河川であればあまり心配ないようですが、草木で覆われた部分が多い河川だと、特に低層階の入居者は、蚊や小さな羽虫の襲来を受ける可能性があります。さらに、砂塵や土埃などが飛んでくる可能性のほか、夜中に花火を打ち上げたり騒いだりする人がいるなどの騒音問題も考えられます。
また、川沿いの最大のデメリットは、洪水リスクなどの自然災害の可能性ではないでしょうか。国土交通省が公開しているハザードマップポータルサイト( http://disapotal.gsi.go.jp/ )で、洪水リスクがどの程度あるのか、地盤に問題はないかなど、事前に確認することをおすすめします。
その他にも、安めに設定された川沿いの土地は、災害などのリスクが高いことも考えられます。特に建物の1階に住居や駐車場がある場合、過去に床下や床上浸水があったか、治水対策は実施されていたかどうかは忘れずに確認しましょう。また、せっかくのお家が、湿気でダメになってしまわないよう、地域として湿気が多いかなどもチェックしておくと良いでしょう。ちょっと調べて、自分の目で確認するだけで分かることがたくさんあるのですから。

ライター/岡田
  • FaceBook
  • Twitter
  • Google+
  • はてなブログ
  • pocket
ページトップへ