アリが侵入してきたときの対処法

  • FaceBook
  • Twitter
  • Google+
  • はてなブログ
  • pocket

少しでも甘いものをこぼしたり洗い残したりしていると、どこからともなく侵入してくるアリ。キッチンなどにうじゃうじゃと行列をつくっている姿は、あまり気持ちのよいものではありません。しかもそれだけではなく、アリはときに人に咬みつくこともあるので、自分や家族の身を守るためにもアリの侵入を防ぐことは大切です。実際にアリに侵入されてしまった時は、どのように対処すればよいのでしょうか。効果的な対処法をお伝えしていきます。

アリを見つけたときの対処法

アリは食べものを求めて、キッチンなど、私たちの生活空間へと侵入してきます。砂糖を中心とする甘いものや果物が大好きですが、実はそれだけではなく、飛び跳ねた油や焦げた肉片など、さまざまな食べ物を好むアリが存在しています。一度アリが侵入すると、もっとも問題となるのが蟻酸(ぎさん)です。これは食べものを発見したことを他のアリに知らせる匂いの成分で、その匂いを嗅ぎつけると、他のアリも群れを成して台所に侵入してきてしまうのです。匂いがしみついていると、何度でも集団で侵入してしまいます。アリの侵入経路はサッシのすき間やちょっとした穴、壁と床の間など、実にさまざま。何しろ身体が小さいので、ほとんど気づかないようなすき間からどんどん入ってきます。家の中でアリを見つけたら、出入口を確認して、まずそれをパテやテープを使ってふさぎましょう。それと同時に侵入口や通り道に、ハッカやベビーパウダー、アルコールといった匂いの強いものを塗り、匂いを消すことが大切です。アリ専用の忌避剤を使ってもよいでしょう。家の中のアリは掃除機で吸っても這い出してくるので、ウェットティッシュや住宅用洗剤をしみ込ませた雑巾で拭きとります。粘着テープで取りのぞいてもよいですが、あとで忘れずに蟻酸を拭き取っておきましょう。侵入経路と匂いの両面から対処することが大切です。

アリを駆除したいなら

家に侵入してくるアリの巣を見つけたら、巣ごと駆除する方法を考えましょう。液体タイプやスプレータイプの専用駆除剤が売られているので、それを活用してもよいですし、薬を使うのに抵抗がある人なら、巣に大量の熱湯を注ぎこむという方法もあります。巣に持ち帰って食べることで効く毒餌タイプの駆除剤なら、巣の位置がわからなくても使うことができます。味がアリの好みに合えば、巣を全滅させることも可能です。近年では土の中ではなく、壁紙の裏などに巣をつくる「イエヒメアリ」や、凶暴性の高い外来種である「アルゼンチンアリ」の被害が問題視されています。これらのアリは専門の業者であっても駆除が難しいとされており、巣に持ち帰るタイプの遅行性の毒餌を使って駆除するしかありません。アリの被害にあいたくないのなら、自分の家がアリにとって魅力的なエサ場とならないよう、食べかすは残さずきれいに清掃し、食べかけのものは密閉容器に入れて保存することが大切です。ゴミ箱は蓋付きのものを使いましょう。アリはゴムの臭いが苦手なので、輪ゴムを上手に活用すると寄り付きにくくなります。ちょっとした心がけでアリの被害を防ぎ、毎日を気持ちよく過ごしましょう。

ライター/進藤
  • FaceBook
  • Twitter
  • Google+
  • はてなブログ
  • pocket
ページトップへ