暮らしのゲーテくん

二人暮らしにピッタリな部屋の広さは?

初めての二人暮らしが決まったら、まず楽しみなのが「部屋探し」ではないでしょうか。キッチンはこんな感じ、こういう家具を置きたいなど、いろいろとイメージが頭の中で膨らみますね。では二人暮らしに必要な部屋の広さはどれくらいあれば十分か知っていますか?せっかく気に入った物件が見つかっても、住みづらくてすぐに引越しを考えるようでは、費用も時間も無駄にしてしまいます。将来、子どもが産まれるまでの間取りはもちろん、賃貸、マンションの部屋探しで想定しておくべきことなど、自分の生活スタイルに合わせて知っておきましょう。

二人暮らしにピッタリの広さとは?

二人で暮らすのに必要な広さは最低30平米だと言われています。数字を見ただけではどれぐらいの広さなのか、いまひとつピンとこないかも知れませんが、おおよそ18畳ぐらいだと考えれば、想像しやすいのではないでしょうか。一人暮らしであれば十分すぎる広さですが、二人暮らしだと決して広くはない面積です。
ただ最近のカップル・夫婦向けのアパート・マンションなどは50~60平米が主流となっているので、まずは自分たちの荷物の量や家具のスペースを考えながら、必要な広さを考えましょう。

二人暮らしにピッタリの間取りとは?

部屋の間取りや造りによっても広さは若干違ってきます。当分の間、子どもの予定がないカップルなら1LDKでも充分快適に暮らせます。家賃も安いので、将来の資金も貯めやすいのではないでしょうか。
「自分1人の時間が欲しい」、または「ケンカになったらどうする?」など、2人で暮らしていてもプライベートを大切にしたいなら2LDKや3DK、3LDKがお勧めです。
1LDKであれば、1部屋を寝室にし、普段はLDKで過ごせば問題なく暮らせます。2LDKであれば、1部屋を寝室として使い、モノが多い場合はもう1部屋を収納部屋として使えますし、自宅で作業をする場合は仕事部屋とすることもできます。また、2部屋をそれぞれの個室として使うこともできます。
ただ、リビングがあるということでつい「LDK」に目がいきがちですが、「DK」タイプの間取りは、LDKと同じくらいの広さがありながら家賃が割安になるメリットがあります。間取りや部屋数よりも実質的な広さを考えた方がお得だという人にお勧めです。
部屋数以外にも、お風呂とトイレが別々になっているか、ベランダなどに洗濯物を干すスペースがあるかなども、チェックしましょう。細かいことですが、快適な暮らしを送るためにあるとないとでは大きな違いがあります。

予算決めはお早めに!

部屋の広さや間取りも大切ですが、物件探しで重要なのは、ズバリ予算ではないでしょうか。特に結婚を機に二人暮らしを始めるなら、今後のライフプランを考えるうえで必要なことです。当然、2人の毎月の収入、貯金から幾らの住居費が出せるかを算出して、決めなければなりません。
住みたい物件の家賃が想定できているなら、その範囲内で探せば効率的に見つけられるはずです。2人でよく話し合いながら、理想の部屋を探してくださいね。

キーワード
気に入ったらシェアしよう!
  • リスト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おウチのことなら、オウチーノ

o-uccinoは不動産・住宅の総合情報サイトです。新築・中古住宅、賃貸住宅の情報はもちろん、リフォーム・リノベーション、建築家による注文住宅、物件の売却や不動産投資関連の情報まで幅広くサポート。住まい探しや、暮らしに役立つオリジナルの編集記事も満載です。全国の不動産・住宅情報を探す、知るなら日本最大級の不動産サイト「O-uccino」をご利用ください。

ページトップへ