ブルックリンスタイルやカントリー風……木工インテリアをDIY!

  • FaceBook
  • Twitter
  • Google+
  • はてなブログ
  • pocket

木工家具

楽天フリマアプリ「フリル」で人気の出品者さんに直接作り方をお聞きしました。
今回ご紹介するのは主にハンドメイドの木工インテリアを出品されているSEARA工房のシーラさんです。
カントリー風のキャビネットやブルックリンスタイルのスパイスラックなど、実用性も兼ね備えた部屋に彩りを加える木工インテリアを作成しています。
今回は、カントリー風ウォールシェルフの作り方を聞きました!

基本は木材です。
種類はSPFや杉野地板、パイン材、合板などの集積材を使い分けています。
場合によって、アイアン(鉄)なども使います。
すべてホームセンターで買えるものばかりです。

「ウォールシェルフ」の作り方

  1. 図面を書く
  2. 簡単でも、図面を書くようにしています。
    感覚でやることもありますが、寸法を間違えてしまったりなど材料を無駄にしてしまった経験も多々あります……

  3. 材料をカット
  4. 木工家具

    大きなものを制作する時は、ホームセンターなどで事前にカットしてもらいます。

  5. 塗装する
  6. 木工家具

    木工家具

    組み立てる前にペイントするのがポイントです。
    ステンシルなどワンポイント加える場合も、このタイミングでやるのがGOOD!

  7. 組み立てる
  8. 強度は常に意識しています。使用用途によって、木ネジやプリントネイル(釘)を使い分け、木工用ボンドなども使用しています。

    木ネジ(もくねじ)とプリントネイルの違いとは?
    木ネジは、ネジの先端が尖っており、軸の一部にネジが切られているのが特徴です。ドライバーで埋め込む感じです。 一方、プリントネイルは一般的に知られている、THE「釘」です。
    プリントの名称がついている通り、用途に応じて様々な色があり、金槌で打ち込みます。

    今回の「ウォールシェルフ」には、両方使用しています。
    背面の板を留めるのは、プリントネイル。 枠や棚の部分は、木ネジを使用しています。

    強度は木ネジの方が高く、少ない本数でしっかりと留めることが可能です。 ただし、ネジ部分が露出するとあまりかっこよくないので、穴を開けそこに木ネジを埋め込み、ダボ(木の蓋)で埋めると綺麗にできますよ。

    木工家具

ハンドメイドのこだわり

カントリー家具や雑貨を中心に制作しており、エイジング加工を好んで取り入れています。
そのためあえてきっちり制作せず、味わいがある色合いにするのがこだわり。

木工家具

いつも考えているのは「使い勝手」です。使うことが前提でないものは制作しません。
使わないもの・使えないものは、自分だったらいらないからです。
きれいに作るコツは、たくさんイメージすること。
「こんなのあったらいいなぁ~」「こうしたらもっといいかなぁ~」と。
そんなことを考えている時間もまた、楽しいんです。

ハンドメイドの良さとは?

木工家具

世の中にないものを、自由な発想で、好きな色、好きな材料、好きな形(デザイン)で作れることです。
そして、それを色々な方に共感していただけた時の喜びもひとしおです。

また、「トイレットペーパーラック」や「スパイスラック」など、使う用途を決めてから制作しているので、適材適所が叶いますし、その部屋にピッタリのデザインで作ることができるのも嬉しいところです。

シーラさんがハンドメイドを始めたきっかけは?

きっかけは、デッドスペースの有効活用でした。
ここに棚を置きたいけど、市販では合う大きさのものや好きなデザインのものがない……「じゃあ、作ってしまおう!」と。
まだまだ他の方に比べればお取り引き回数も少ないですが、自分のペースで楽しみながらハンドメイドインテリアを作成しています。

木工家具

シーラさんの出品はこちらから
★SEARA工房★’s shop

楽天のフリマアプリ「フリル」はこちら

掲載された内容やアイテムは2017年11月時点の情報です。

ライター/オウチーノ 編集部
  • FaceBook
  • Twitter
  • Google+
  • はてなブログ
  • pocket
ページトップへ