サンタさんからのプレゼントの渡し方

  • FaceBook
  • Twitter
  • Google+
  • はてなブログ
  • pocket

サンタさんプレゼント

こんにちはオウチーノ編集部です。欲しい物が買ってもらえる誕生日の次に待ち遠しい日といえばクリスマスがあります。プレゼントはパパとママ、じいじとばぁば、いとこなど親戚が多いほどもらえる希望がひろがりますね。

そしてクリスマスだけ登場するのがサンタクロースのサンタさん!
幼児や小学校低学年の子どもならサンタさんからもプレゼントがもらえると思っているはずです。

ちなみに「サンタクロース」の存在についてはこんなアンケート結果もあります。

そこで今回は、『サンタさんからのプレゼント』を最高の形で渡せるようにパパとママが注意しなければならないポイントをご紹介します。 子どもたちの夢と楽しみを損なわないように12月25日を迎えましょう。

クリスマスツリーをリビングなどに飾るタイミングから子どもたちにクリスマスプレゼント何が欲しいのか聞き取り調査的なものが始まると思います。

高学年になるほど予算も上がっていくと思いますが一緒にプレゼントの中身を考えるのは楽しい時期でもありますね。

  1. 売切れや入荷待ちになる前に絶対確保!
  2. 2017年のクリスマスパーティーは12月23日(土・祝)と12月24日(日)がピークになると予想されます。

    また、サンタさんのクリスマスプレゼントは子どもと一緒に買いに行くことができません!

    子どもたちはすでに冬休みですが、12月25日(月)がお仕事だと考えるとラッピングされたクリスマスプレゼントは12月22日(金)の帰宅時点までに用意して23日(土・祝)~25日(月)の早朝までに置かなければなりません。

    サンタさんプレゼント

    のんびりと帰宅帰りに家電量販店でラッピング込みで買って帰ることができるモノであればよいのですが、人気の「おもちゃ」や「ゲーム」は在庫切れ!当日配達可能なamazonも入荷待ち!なんて事態も想定されます。

    サンタさんプレゼント ▲サラリーマンに化けたサンタさんがレジに並ぶ光景

    サンタさんからコレが欲しいと子どもが断言した時点で商品確保に走りましょう。

  3. プレゼントチェンジ!?返品・交換に奔走

幼児であればサンタさんにお願いしたモノが途中で変わることは少ないと思いますが、小学校低学年になると展開が大きく変わります。

「クラスの〇〇ちゃんはサンタさんプレゼント▲▲なんだって、だから私も××じゃなくて▲▲にする!」みたいな発言が飛び出す可能性があります。

サンタさんプレゼント

まだまだ低学年の発言なのでどこまで本当なのか疑ってしまう事もあると思います。ママ友であればLINEなどでこの発言の裏付けを取りましょう。もし本当であれば「チェンジ」しなければなりません。

ちなみに、説得して現状のままになればとても聞き分けの良い子に育っているとおもいますが、親子喧嘩にまで発展するくらいなら子どもの希望をできるだけ叶えてあげましょう。

というわけで、すでに購入済みの場合は「返品・交換」に奔走しなければなりません。まずは購入店に電話して交換したいモノが店頭にあるのかどうか?在庫があれば返品・交換するために取り置きを依頼しましょう。
もちろんお店への連絡も子どもがいないときにする必要があるので、仕事中のパパを活用するなど夫婦間の連携を強化しておきましょう。

サンタさんプレゼント

長くなりましたが、何がいいたいかというとレシートやクレジットカード明細は捨てずに保管しておけ!ということです。

【保管】当日まで厳重に隠しておくコツとレシートの存在

『サンタさんからのプレゼント』が確保できました。あとは最高の形で渡すだけですが、早く購入するほど隠しておく期間も長くなりますね。

ラッピング前でもラッピング後でもプレゼントっぽい箱があると子どもは「何これぇ~」と持ってきてしまいます。しっかり隠しておくため注意したいポイントをご紹介します。

家の中で「かくれんぼ」をしない!
週末、家の中で「ミニかくれんぼ」をする時もあるとおもいますが、プレゼントを隠している間は別の遊びをするようにしましょう。また、冬休みになるとクラスの友達が遊びに来て「ミニかくれんぼ」をする可能性もありますので、お菓子を配るなり、外に遊びに行かせるなど子ども同士の遊びをコントロールしましょう
レシートでツッコミがくる
幼児はお財布の中身を出して遊ぶ時があります。 字が読めない幼児であれば支障がないのですが、お兄ちゃんやお姉ちゃんがいるご家庭では注意が必要です。 レシートに「アンパンマン」「リカちゃん」「プラレール」「ニンテンドー」「ポケモン」など『子ども業界のカタカナBIGワード』がレシートに記載されているとズバッと目に飛び込んできます。

この時点で親にツッコミをせず、あえてスルー・ そっ閉じできる子であればとても良い子に育っていると思います。

万が一、「何これぇ~」と厳しい追及が来た場合は丁寧な説明よりも、お菓子とか昔のレシートじゃない?的な遠い昔の記憶のようなテンションでかわしつつ、おやつを出すなり別の事に注意をそらしましょう。

もう1つレシートで気を付けなければいけないこと
無事にサンタさんからのプレゼントを最高の形で渡したあとです。数日後に家計簿やクレジット明細を整理しているときに子どもが不要になったレシートを捨てる係などをしている時に、上記で触れた『子ども業界のカタカナBIGワード』がズバッと目に飛び込んできます。

「これってサンタさんからのプレゼントだよね?」みたいなツッコミがきても丁寧な説明は避け子どもの夢を壊さないようにサラッとかわしましょう。

オウチーノ編集部が選んだ!子どもにおすすめのクリスマスプレゼント

プラレールやゲーム、リカちゃんなど男の子・女の子に人気のおもちゃ以外で実際に編集部スタッフの子どもが喜んだアイテムをご紹介します。せっかくプレゼントするならただ遊ぶよりもなにか成長のプラスになるものがいいですよね。

・絵本くまのがっこうシリーズ

サンタさんプレゼント

女の子にはくまのがっこうシリーズの絵本はいかがでしょうか?毎年1冊クリスマスに関連した絵本を贈るというご家庭も多いようです。幼児期から本を読む、本がある暮らしを意識させてたいですね。

・頭のよくなる推理カードゲームalgo(アルゴ)

サンタさんプレゼント

親であれば「頭のよくなる」というキーワードはやっぱり見てしまいますよね。
実際に「頭がよくなる」のかどうかはわかりませんが、幼稚園の年長さんくらいから一緒に遊べます。勝ち負けのゲームなので子どもが負けることもあり“いじける”可能性大ですが、これは大人だから勝てるというゲームではなく、子どもでも勝てます。

・アンパンマンのかるた

サンタさんプレゼント

アンパンパンのキャラクター名を使ったかるたです。言葉を覚える、発音することにもつながりますし、大人は手加減も可能なので子どもと仲良く遊べます。近い将来、きょうだいが増えた時でも活躍しますね。

いかがでしたでしょうか?
広い戸建ての家であれば隠す場所はたっぷりあるかもしれませんが、マンションなど収納が限られると隠し場所も苦労しますよね。子どもの夢が続く限りサンタさんと一緒にクリスマスを迎えましょう。

ライター/オウチーノ 編集部
  • FaceBook
  • Twitter
  • Google+
  • はてなブログ
  • pocket
ページトップへ