【厄年男性】2018年の過ごし方!平成6年・昭和52年・昭和33年生まれは本厄ですぞ

  • FaceBook
  • Twitter
  • Google+
  • はてなブログ
  • pocket

2018年(平成30年)厄年の男性

2018年(平成30年)が厄年に当たるという方、自分の厄年を知っておきたいという男性必見!
今回は、厄年に該当したらどんな風に1年を過ごせば良いのか?おすすめの厄除け祈願スポットなども併せてご紹介します!

厄年とは・・・ わざわいにあいやすく、忌み慎むべきものとされる年齢。陰陽道(おんようどう)で、男の数え年四十二、女の数え年三十三など。転じて、災難の多い年。

女性編でも詳しくお伝えしたように、「厄年」とは、“災いにあいやすく、忌み慎むべきものとされる年齢”とされています。

厄年の中でもっとも重いとされている「本厄」は、女性の33歳に対して男性の場合は42歳。災いの前ぶれがある前厄、厄が少しずつ薄れていく後厄を合わせると、下記の年齢が当てはまります。

年齢の数え方は地域や寺社によっても違いがありますが、一般的には数え年で数えられます。数え年は満年齢でいう0歳という年がなく、生まれた年を1歳とカウントし、元日を迎えるごとに1歳増えていきます。

前厄本厄後厄
24歳
1995(平成7)年生まれ
亥年(いのしし)
25歳
1994(平成6)年生まれ
戌年(いぬ)
26歳
1993(平成5)年生まれ
酉年(とり)
41歳
1978(昭和53)年生まれ
午年(うま)
42歳
1977(昭和52)年生まれ
巳年(へび)
43歳
1976(昭和51)年生まれ
辰年(たつ)
60歳
1959(昭和34)年生まれ
亥年(いのしし)
61歳
1958(昭和33)年生まれ
戌年(いぬ)
62歳
1957(昭和32)年生まれ
酉年(とり)

厄年に当たる男性の過ごし方

厄年に避けるべきこととして、結婚や引越し、転職、起業などといった、人生の転機となることが挙げられます。できる限り心穏やかに過ごすことを意識して、大胆な行動は慎む方が良いとされています。

しかし別の考え方として、結婚をしたり、家を建てるなどの行為が、厄を払ってくれるとみなす地域もあるようです。新たな行動を起こすことで、それが厄を遠ざけてくれるきっかけになるという考え方です。

ご自身のお住まいの地域の風習を調べて、それに従って行動するというのも一つの方法です。お近くの神社などに行って聞いてみるのも良いかもしません。

厄除け祈願するならどこがいい?

2018年(平成30年)厄年の男性

「2018年は厄年なので厄払いを行いたい」。そんな時におすすめの、関東で厄除け祈願ができるスポットをご紹介します。

神田明神
「神田明神」は、東京都で有名な厄除け大師の一つです。1300年以上江戸の町を見守り続けている神田明神は、正式名称を「神田神社」と言います。江戸三大祭りのひとつ「神田祭」が行われることでも有名な神社で、訪れやすい立地も人気です。

厄除けは20分程度で行われ、儀式の際は白い狩衣(かりぎぬ)を着用する決まりになっています。予約の必要はありませんので、直接神社へお祓いに行きましょう。その他、企業の商売繁盛の祈願なども行われます。

【受付時間】9:00〜16:00(※時期により時間が異なりますので、ご確認の上お出かけください)
【祈願料】1万円~
【所在地】東京都千代田区外神田2-16-2
【アクセス】JR中央・総武線「御茶ノ水」駅(聖橋口)より徒歩5分
【電話】03-3254-0753
【公式ホームページ】http://www.kandamyoujin.or.jp/

西新井大師
西新井大師は正式名称を總持寺(そうじじ)と言い、川崎大師、観福寺大師堂と共に「関東厄除け三大師」の一つに名を連ねています。初詣に訪れる方も多く、毎年お正月にはたくさんの人や出店などで賑わいます。

西新井大師では、家内安全や学業成就などと一緒に、護摩祈願を行います。護摩祈願は1年中毎日行われており、予約は受け付けていません。また、祈願料は5千円から設定されているので、1万円以上出すのは厳しい、という方にも利用しやすいでしょう。

【受付時間】9:30、11:00、12:30、14:00、15:15、16:30
【祈願料】5千円~
【所在地】東京都足立区西新井1丁目15-1
【アクセス】東武大師線「大師前」駅徒歩5分
【電話】03-3890-2345
【公式ホームページ】http://www.nishiaraidaishi.or.jp/

まずは気軽に厄除けをしてみましょう!
厄除け祈願は予約なしで、当日でも受け付けているという寺社も多いようです。厄を祓って、晴れやかな気持ちで1年を過ごし、厄年を乗り切りたいですね!2018年が素晴らしい年になりますように!

ライター/長谷川 チエ
  • FaceBook
  • Twitter
  • Google+
  • はてなブログ
  • pocket
ページトップへ