【福岡県筑後市に移住】第三の魅力が加わり元気あふれる街に

  • FaceBook
  • Twitter
  • Google+
  • はてなブログ
  • pocket

芸術・スポーツなど見所がたくさん!

筑後市は福岡県の南西部、筑後平野に位置する田園都市で、その面積は41.85km²。温暖な気候と肥沃な土地、恵まれた水がもたらす豊かな農産物と、九州新幹線停車駅「筑後船小屋駅」や九州自動車道「八女インターチェンジ」による良好な交通アクセスを兼ね備えています。

▲筑後市南部の田園風景

2013年開館の、福岡県南の芸術文化の発信拠点「九州芸文館」や、2016年開業予定で福岡ソフトバンクホークスのファーム本拠地となる野球場など、日常生活の中で気軽に親しむことのできる芸術・文化が新たな魅力として加わり、今九州で一番元気なまちです。

移住者のリアルボイス この街の暮らし心地

椋晶子さん(福岡県出身)康聖さん(島根県出身)

以前住んでいたご近所さんに、筑後の土地を紹介してもらい2013年にご夫妻で移住。 飲食店経営の傍ら、食に関するイベントを企画。

人と自然との対話が温かい
周辺は、畑ばかりのとても静かなところで、自然の声を聞きながら生活をしています。地域の人達は親切な方ばかりで、移住した際も温かく迎えていただきました。玄関を開けると野菜などのおすそ分けが置いてあったりと、人の温もりを感じる生活が送れています。

食材にこだわった飲食店の経営
筑後では、飲食店の経営をしています。体にやさしい地元の食材を使い、真心を込めて料理を作っています。お客様に心を開いて食事をしていただけるような、お店の雰囲気作りにも努めています。また、食に関するイベントも行っています。
野歩ほん 心も体も素直になれるごはん屋さん

生活の利便性がもたらす安心

コンパクトなまちなので、市内どこからでも車で15分も走れば商店が集まる市の中心部に着きます。鉄道、新幹線、高速道路により交通アクセスもよく、福岡市までは1時間と、便利さも身近に享受できます。農業も盛んで、直売所で売られる地元の農産物が市民の食卓を豊かに彩ります。大雨や洪水などの災害も少なく、安全・安心な暮らしができるのも筑後市の魅力です。県内最大の公園でスポーツをしたり、九州芸文館でアートに触れるなど、文化や芸術のある生活も送ることができます。

▲空から望む筑後市

筑後市ってこんなとこ


住んでしっくりくるのはこんな人

(1)結婚して、これから新生活を迎える新婚カップル
(2)農業の世界に飛び込みたいと考えている方
(3)スポーツやアートが身近にある暮らしをしたい方

▲企画財政課定住促進係 松永俊さん
九州屈指の利便性と農産物が自慢の筑後市に住んでみませんか。筑後市の定住支援制度があなたを応援します!

移住の相談はこちら

筑後市では、空き家バンク事業で空き家・空き地の紹介を行うほか、各種補助金を取り扱っています。
筑後市に住む

▲福岡県南の芸術文化の発信拠点 九州芸文館

ライター/オウチーノ 編集部
  • FaceBook
  • Twitter
  • Google+
  • はてなブログ
  • pocket
ページトップへ