【熊本県熊本市に移住】九州の真ん中は今と昔の玄関口

  • FaceBook
  • Twitter
  • Google+
  • はてなブログ
  • pocket

自然と、快適な都市機能の調和

九州のほぼ中央に位置する水と緑のまち「熊本市」は、総面積389.54km²を有します。金峰山を中心とする複式火山帯と、立田山などの台地から形成された土地は、東部は丘陵地帯、西部は低平野になっています。気候は、冬から春への移り変わりは早く、夏が長く感じられます。

▲熊本市街地

日本三名城の一つに数えられる熊本城をはじめとする伝統ある歴史や文化は、見どころがいっぱいです。熊本博物館や県立美術館、伝統工芸館をはじめ、歴史的・文化的施設がたくさん点在しています。水と緑にも恵まれ、快適な都市機能と豊かな自然が調和するまちです。

移住者のリアルボイス この街の暮らし心地

小碩橋 航さん(東京都より25年ぶりにUターン)

2014年2月に移住し、奥さん、猫2匹と暮らしている。執筆活動の傍ら、ヴィンテージ家具とコーヒーのお店を開くための準備中。

絵になるロケーション
街路樹等の手入れが行き届いていて、街が美しく保たれているのが素晴らしいと思います。繁華街から路面電車越しに見上げる熊本城や、市内から見える阿蘇の外輪山など、絵になるロケーションが多いです。ドライブや登山、キャンプ、釣りなどアウトドアレジャーが好きな人にもうってつけだと思います。

四季をハッキリ感じる
四季の移り変わりをハッキリと感じる時、移住して良かったと思います。春の野焼きが終わって、自宅から見える阿蘇の山並みがどんどん緑に覆われていく様子だとか、 稲穂の匂いが風に運ばれてきたりだとか。常に自然と触れ合えることに幸せを感じます。
ブログ「田舎の生活(を、夢見ている)」

きれいな水と豊かな農産物

熊本市は「蛇口をひねればミネラルウォーター」と言われるほど、身近な水が清らかです。約73万人の市民の生活用水を100%地下水でまかなっている、全国でも稀有な水の都なのです。 熊本ラーメンや太燕苑(たいぴーえん)、馬刺しや辛子蓮根などの郷土料理もとてもおいしく、スイカやメロン、赤なすなどの農産物も豊富です。また、教育や医療環境も整っているので、とても暮らしやすく、子育てにも最適です。

▲熊本市全景

熊本市ってこんなとこ


住んでしっくりくるのはこんな人

(1)自然に囲まれた環境で生活してみたい方
(2)充実した生活環境(自然・医療・教育)の中で子育てを考えている方
(3)安心安全で豊かな食を求める方

▲熊本市役所シティプロモーション課 上野由起さん
熊本市は、豊かな自然に囲まれ、教育や医療環境も充実した暮らしやすいまちです。まずは、遊びに来て熊本市の魅力を体感してみませんか?

移住の相談はこちら

熊本市へ移住を希望する方を対象とした合同就職面談会を今秋東京、名古屋で開催します。また、平成27年9月頃、職業相談や公営・民間住宅の問い合わせ先等を案内するサポートデスクの設置を予定しています。お気軽にご相談ください。
熊本市観光ガイド

▲熊本城(くまもとじょう)

ライター/オウチーノ 編集部
  • FaceBook
  • Twitter
  • Google+
  • はてなブログ
  • pocket
ページトップへ