神奈川県で探す子育て環境も教育も充実した住みたい街まとめ

  • FaceBook
  • Twitter
  • Google+
  • はてなブログ
  • pocket

神奈川エリアの住みやすさと子育て環境

神奈川県内でマンションや戸建ての購入を検討されている家族にお届けする「神奈川エリアの住みやすい街」レポート。
住みたいマンションや戸建て(土地)は見つけたけど細かい周辺環境まで把握するのは土地勘がないと難しいですよね。そこで神奈川県内にある各駅を中心に日々の生活で必要なスーパーでの買い物や日用品が買えるお店。そして子どもたちが通うことになる学校や教育事情などを地元や住んでいた方に現地レポートしていただきました。

住みたい街が見つかったら次は周辺に何があるのかここで細かく雰囲気もチェックしてみましょう。

神奈川エリアの住みやすさと子育て環境

東急田園都市線は、渋谷駅~中央林間駅までを結ぶ路線で、急行を利用すれば中央林間駅まで約33分で行くことができます。
渋谷駅~中央林間駅までを結ぶ沿線には、三軒茶屋や桜新町、たまプラーザ、あざみ野、青葉台など、魅力的な街並みが数多くあります。
半蔵門線とも直結し、東武伊勢崎線・東武日光線と相互直通運転をしていますので、通勤やお買い物など大変便利な路線です。さらに横浜へのアクセスも気軽にできるため、市街地へも楽に行くことができます。
そして田園都市線の近辺は比較的静かな環境が整っていて、高級住宅街も多く、休日にゆったりできるのも魅力の一つでしょう。
⇒「溝の口
⇒「宮前平
⇒「鷺沼
⇒「たまプラーザ
⇒「あざみ野
⇒「青葉台

オシャレな沿線イメージが強い東急東横沿線

神奈川エリアの住みやすさと子育て環境

多摩川沿いの街は再開発も進み、年々人気が高まっています。中でも武蔵小杉はマンションや商業施設、公共施設などの整備が進み、一層便利になっています。 東横線沿線は、仕事もプライベートも楽しみたい方やこれから子育てを迎える方には特に人気が高いようです。
⇒「武蔵小杉(子育て環境編)
⇒「武蔵小杉(住みやすさ編)
⇒「日吉
⇒「反町

ちょっと高級感が漂う小田急線

神奈川エリアの住みやすさと子育て環境

小田急線は世界最大級の乗降客数を誇る巨大ターミナル・新宿と神奈川県小田原を結ぶ路線です。
通勤・通学の足としての利便性はもちろん、箱根や江ノ島方面への観光路線としての側面も持つ、ユニークな路線です。厳密には新宿から町田までが小田急線、町田から小田原は小田急小田原線という別路線です。
⇒「読売ランド前
⇒「座間駅(ホシノタニ団地)

横浜と大宮を結ぶJRで人気の京浜東北線

神奈川エリアの住みやすさと子育て環境

大宮駅-横浜駅間を「京浜東北線」と呼びますが、大船駅まで続く根岸線と一体です。
郊外のベットタウンを選ぶも良し、職住近接をかなえるも良し。京浜東北線沿線では、さまざまな人の希望に合った街が見つかりやすいのではないでしょうか。
⇒「川崎
⇒「鶴見
⇒「桜木町
⇒「石川町
⇒「山手
⇒「磯子
⇒「大船

ライター/オウチーノ 編集部
  • FaceBook
  • Twitter
  • Google+
  • はてなブログ
  • pocket
ページトップへ