建築確認申請にかかる期間はどれくらい?

  • FaceBook
  • Twitter
  • Google+
  • はてなブログ
  • pocket

家を建てたことがある人、建てようと思った人は必ず聞いたことがある「建築確認申請」。家を建てるときの登竜門のようなもので、最初に必ず必要な手続きです。

建築確認申請とは

家を建てるとき、その家(建築物)が法律や条例に反していないかということを確認するために、「建築確認申請」をしなければなりません。新築のときはもちろん、増改築の場合にも必要になります。また、カーポートなども建築物とみなされ、建築確認が必要になります。緊急災害時の仮設住宅など特殊な場合を除いて、基本的にほとんどの建物では工事に取り掛かる前に建築確認が必要になります。建築確認が取れなければ着工することができませんので、家を建てるとき、まず最初にやらなければいけない手続きとなります。
建築確認申請は誰がするかというと、建築主である家のオーナーです。ただ、実際には図面や資料等の提出が必要なので、一般の人が書類をそろえるのは非常に大変です。たいていの場合は建築を実際に行う建築業者などが代理で行うことになります。

建築確認申請は何を確認するの?

建築確認申請では、建築物が都市計画法、建築基準法、消防法、宅地造成規制法などの法律に反していないかなどを確認します。戸建住宅の場合には、用途地域や建ぺい率などを定める都市計画法や、建築物そのものを規制する建築基準法などが主に対象となります。
<確認事項の一部>
・用途地域(そもそもその地域にその建築物を建てられるのか。例えば、工業地域に戸建住宅を建てることはできません)
・建ぺい率(敷地面積に対する建物面積の割合)
・延床面積
・道路に面しているか
・建物の大きさ
・採光率など住環境に問題はないか
・危険個所の対策がきちんと行われているか
・建物の耐久性
・構造に問題はないか
手続きとしては、市や区などに申請書を出し、行政の建築課や消防署などで確認を行った後に確認済証が交付されます。交付されてやっと、工事が始められます。

申請にかかる費用と時間

申請は各自治体が行いますので、必要な手数料は各自治体によってきっちり定められています。床面積によって差があり、1万円弱から50万円ほどになります。この際、工事の途中に行う中間検査と、工事完了後に行う完了検査があり、その際にも別途手数料が必要になります。中間検査はやらなくてもいい場合がありますが、完了検査は必須です。
ただし、建築主は代理申請のための費用も含んだ金額を支払うことになりますので、実際の金額は数万円から数十万円となるでしょう。
申請にかかる審査時間も7日から数週間とだいたい決まっています。ただ、これは確認書類に何も問題がない場合ですので、何か問題があったりした場合には、審査期間は長くなります。また、構造検査が必要な木造3階建て以上と、必要のない木造2階建て以下では審査の期間も異なります。木造2階建て以下で何も問題がなければ最短の1週間程度で申請は下りるものと思われます。家の設計をする際、これらのことをきちんと考えながら行っていけば、問題なく書類が提出できますので、早く申請が下りると考えていいでしょう。ただし建築主から見た場合、実際には申請代理人である建築業者などが書類を作成して提出する時間も含まれますので、いい業者を選択することが一番の近道でしょう。

ライター/玉 森
  • FaceBook
  • Twitter
  • Google+
  • はてなブログ
  • pocket
ページトップへ