お金のゲーテくん

住宅ローンの種類、あなたは全部知っていますか?

家を購入して建てるときに気になるのがお金のこと。しかし実際にどのような種類のローンがあり、それぞれどのような返済方法なのかはあまり分からないものです。そこで主要なローンの種類とその内容、他のローンの違いを解説します。

住宅ローンの種類は大きく分けてふたつ

住宅ローンには、独立行政法人や地方自治体が融資する「公的住宅ローン」と、銀行や生命保険会社、信販会社などが融資する「民間住宅ローン」の2種類があります。
●公的住宅ローン
公的住宅ローンは縮小傾向にあり、地域によっては、都道府県や市町村が行う融資制度を利用できる場合があります。新規で利用できる主な公的住宅ローンは、独立行政法人雇用・能力開発機構などが行っている財形住宅融資です。財形住宅融資は、勤務先の財形貯蓄制度で財形貯蓄を行っている人が利用できる住宅ローン制度です。
●民間住宅ローン
銀行や生命保険会社などの金融機関で、住宅ローンの取り扱いをしています。民間住宅ローンは、公的住宅ローンに比べて、対象物件や融資条件が緩やかになっているので、最近では民間住宅ローンを優先して契約する人も増えています。

各ローンについて

長くお付き合いになる住宅ローンだからこそ、ローンの基本については、しっかりと理解をしておきたいものです。まず、住宅ローンは一般的に「銀行ローン」「フラット35」「住宅金融支援機構融資」「財形融資」等に分けられます。銀行ローンとフラット35住宅ローンを民間融資、残りの2つは公的融資とも呼んでいます。それぞれのローンには特色がありますが、注意する必要があるのは、住宅の条件等で利用できるローンが制限される場合があることです。また、フラット35住宅ローンや住宅金融支援機構融資等は融資額に上限があるため、資金計画では複数の住宅ローンを組み合わせるケースが一般的です。

公的融資
●住宅金融支援機構融資
住宅金融支援機構が貸し出し。固定金利で長期返済ができるという特長あり。ただし、融資に際しての細かな条件が設けられている。
●財形融資
会社等で財形貯蓄をしている場合に借りることが可能。一般財形貯蓄、財形住宅貯蓄、財形年金貯蓄のいずれかを1年以上継続し、50万円以上の残高があることが条件。
民間融資
●銀行ローン
民間の銀行等が貸し出しをしている住宅ローン。さまざまな種類のローンがあります。
●フラット35住宅ローン
住宅金融支援機構の証券化支援事業を活用した、長期・固定金利の住宅ローン。

住宅購入キャンペーン
キーワード
気に入ったらシェアしよう!
  • リスト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おウチのことなら、オウチーノ

o-uccinoは不動産・住宅の総合情報サイトです。新築・中古住宅、賃貸住宅の情報はもちろん、リフォーム・リノベーション、建築家による注文住宅、物件の売却や不動産投資関連の情報まで幅広くサポート。住まい探しや、暮らしに役立つオリジナルの編集記事も満載です。全国の不動産・住宅情報を探す、知るなら日本最大級の不動産サイト「O-uccino」をご利用ください。

ページトップへ