雑学・面白のゲーテくん

建築面積・延床面積・建物面積・土地面積の違いは?

住まい探しのとき、必ず目にする「建築面積」「延床面積」「建物面積」「土地面積」。専門用語ですが、家探しにおいては、知らないからと言ってあやふやにしてはならない要素です。それぞれの意味と違いを知り、どんなときに使われる言葉なのか、覚えておきましょう。

建築面積・延床面積・建物面積・土地面積とは?

不動産広告などを見ると必ず目にする言葉が、「建築面積」「延床面積」などの面積に関する単語。家を探す際にも、この「建築面積」はいくつで、「延床面積」はいくつ、という表示を参考にすることは決して稀ではありません。が、これらの用語の違いが明確に分かるかというと、専門家でなければ「はっきりとは…」という人が多いのではないでしょうか。

住まい探しをする方であれば、これらの用語について知っておくことをお勧めします。

◆建築面積
建物を真上から見たときの外周で求めた面積(水平投影面積)のことを指します。一般的な住宅では、1階部分の面積が概ね該当します。設計によって1階より2階の面積の方が大きいことがありますが、その場合は、2階を地面に投影した面積が「建築面積」に該当します。「建ぺい率(建物の面積が敷地に対して占める割合)」の計算基準として使われます。「建ぺい率」×「土地面積」=「建築面積」です。
◆延床面積・建物面積
「延床面積」と「建物面積」は同じものを指します。建物の各階の「床面積(壁または柱の中心線で囲まれた部分の面積)」をすべて足した数値のことです。壁または柱の中心を基準にして算出します。玄関やひさしなどは、奥行きが2mを超える場合は算入されます。屋内空間の広さに関わる「容積率」の算出に使われます。
◆土地面積
「敷地面積」とも呼ばれます。真上から土地を見たときの投影面(水平投影面積)を指します。そのため、斜面にある土地は「土地面積」が実際よりも小さくなることがあります。

住まい探しのときは、どれに着目すべき?

ではこのなかで、住まい探しのときに着目すべき面積はどれでしょう?正確な答えは「すべて」。ですが、住まいを建てるのであれば、最低限見ておきたいのが「建築面積」です。

この数値は、家を建てる土地の規制により決められている「建ぺい率」に大きく関わるものです。家を建てる際には、その土地の建ぺい率以内に収めなければなりません。敷地いっぱいに家を建てるつもりが、建ぺい率の都合で狭くせざるを得なかった、ということは多いものです。

面積は、理想の住まいを探すためには避けては通れない要素。快適なマイホームを新築したい、と思う人は、まず新築したい場所の自治体が定める建ぺい率を調べ、「建築面積」を確認してからにしましょう。

住宅購入キャンペーン
キーワード
気に入ったらシェアしよう!
  • リスト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おウチのことなら、オウチーノ

o-uccinoは不動産・住宅の総合情報サイトです。新築・中古住宅、賃貸住宅の情報はもちろん、リフォーム・リノベーション、建築家による注文住宅、物件の売却や不動産投資関連の情報まで幅広くサポート。住まい探しや、暮らしに役立つオリジナルの編集記事も満載です。全国の不動産・住宅情報を探す、知るなら日本最大級の不動産サイト「O-uccino」をご利用ください。

ページトップへ