住宅ローン審査が通らない!チェックされている「信用情報」とは

  • FaceBook
  • Twitter
  • Google+
  • はてなブログ
  • pocket

住宅ローン審査が通らない!チェックされている「信用情報」とは

家を購入するにあたり、たいていの人は住宅ローンの借り入れで資金を調達します。
住宅ローンは、申し込んですぐに借りられるわけではなく、審査が通るかどうかドキドキと結果を待つことになります。審査が通らなければ、せっかくいい物件を見つけてもその苦労は水の泡。
そうならないためにも、住宅ローン審査で何が見られているのかを把握しておきましょう。

住宅ローン審査でチェックされる「信用情報」とは

住宅ローンの借入は数千万円という大きな額になるため、当然ローン会社は、その人にそれだけのお金を貸してもいいか審査をします。多額であるがゆえに、当然審査も慎重になってきます。

では、その住宅ローンの審査はどのように行われているのでしょうか。主に、その人にお金を貸してもいいかどうかは、個人の信用情報、勤務先や勤続年数、健康状態、年収や所得金額などを加味して審査されます。このなかの「個人の信用情報」は主に何をチェックされているのか、皆さんご存知ですか?

信用情報とは、主にお金の貸し借りに関する記録を一括管理しているものです。過去に利用したローンの申し込みから返済に関する記録、また、クレジットカードの利用も対象です。
ここに延滞や債務不履行などの事故情報が掲載されていると、当然審査の大きなマイナス要因となってきます。また、一度住宅ローンの申し込みを断られた場合にも、その情報が記録されます。ローン会社はそういった情報を加味しながら、この人にこの額のお金を貸していいかどうかを判断していくわけです。

自分の信用情報をチェックしてみよう!

個人の信用情報は、本人であれば信用情報機関が情報開示をしてくれます。
主な信用情報機関としては、日本信用情報機構(JICC)、シー・アイ・シー(CIC)、全国銀行個人信用情報センターなどがあります。
心配な方は、住宅ローン審査を受ける前に一度取り寄せて自分の債務情報を確認してみてはいかがでしょう。

信用情報を傷つけないためには、もちろん返済等を滞りなく行うことが一番ですが、信用情報には貸し借りの記録が逐一掲載されますので気を付けましょう。

ローンやキャッシングなどの実際のお金の貸し借りのほか、クレジットカードの利用も対象となります。また意外と盲点なのが車のローンの支払いや携帯電話・スマートフォン料金の延滞です。車のローンが貯蓄で完済できるのであれば完済して住宅ローン審査に挑みましょう。
そして毎月支払う携帯電話・スマートフォン料金のなかには、分割支払いしている携帯電話・スマートフォン本体の料金が含まれています。
これが信用情報にあたります。ちょっと支払いが遅れると、マイナス要因がついてしまいます。

では、一度マイナスがついた人は諦めなければいけないのでしょうか。そんなことはありません。これらの情報は、それぞれ6カ月から最長10年までの掲載期間が設けられていますので、その期間を過ぎればマイナス要因の掲載はなくなり、きれいな信用情報になります。
住宅購入を計画する際、資金調達計画とともに、ぜひ信用情報をチェックしてみてはいかがでしょうか?

ライター/玉 森
  • FaceBook
  • Twitter
  • Google+
  • はてなブログ
  • pocket
ページトップへ