• 00
  • 00

いまも残るアットホームな下宿

気分は、トキワ荘
いまも残るアットホームな下宿

昭和の時代、上京した学生が住む場所は下宿であることが多かった。しかし最近は、下宿の数が減少し、そこに住んでいるという声も聞かなくなりました。そんななか、東京都新宿に残っている下宿には、いまもなお活気のある下宿人と大家さんがいました。

トキワ荘のような、いわゆる下宿所は少なくなり、最近は子供が出たあとの部屋を下宿として貸すこともある
トキワ荘のような、いわゆる下宿所は少なくなり、最近は子供が出たあとの部屋を下宿として貸すこともある

リフォーム

  • このページをはてなブックマークに追加

やさしい「お母さん」のいる暮らし

お笑い芸人を目指し、日々お笑いライブに向けての練習に勤しむ前田充啓さん。そんな彼が暮らすのは、東京都新宿区にある下宿です。下宿とは、大家さんの家を間借りするタイプの賃貸で、簡単に言えば「寮」のようなもの。ひとり一部屋が与えられ、朝食と夕食が付くことが多いです。通常、家賃には食事代が含まれています。

ボリューム満点の
ごはんに満足

この下宿で部屋を借りるのは親元を離れて上京した学生が中心。全員仲が良く、アットホームな雰囲気です。ここでの生活を、前田さんはこう話します。「食卓を囲んで温かい手料理を食べられるのはとてもうれしいですね。一人だとコンビニに頼っちゃうだろうし。毎日決まった時間にみんなでごはんを食べるのも、修学旅行みたいで好きですね」。この下宿の食事はとてもボリュームがあり、栄養満点。「味は最高なんですけど、量が多すぎる時があって。いくら『お母さん』に『少なくして』と頼んでも毎回大盛なんです(笑)」しかし、大家さんにとっては、ここで暮らす全員が、夢に向かって頑張っている我が子そのもの。「少しでもおいしいものを食べて頑張ってもらいたい」と大家さんは言います。まるで親子のように日々の出来事や悩みを話せる環境も下宿の良さ。一つ屋根の下で暮らす家族のような暮らし方を選ぶなら下宿という選択もおすすめです。

大家さんの作る手料理は、バランスを考えて作られている
大家さんの作る手料理は、バランスを考えて作られている

下宿の物件情報

所在地東京都新宿区
間取り1R
専有面積7.3平米
物件種別アパート
家賃75,000円/月
初期費用敷金0ヵ月礼金0ヵ月

キャリーのひとことレポート

こんなアットホームな賃貸もあるのね。一人暮らしって食事が偏りがちだけど、下宿で大家さんが作った栄養バランスバッチリの食事が出るなら安心ね。

  • このページをはてなブックマークに追加

上記の記事は、2010年10月1日現在のものです。掲載情報の著作権は株式会社オウチーノ(以下:弊社)に帰属します。情報内容は保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。予めご了承ください。

ユニークな賃貸の関連記事

すべて見る

「やさしい「お母さん」のいる暮らし」に関連するエリアの賃貸を探す

駅から探す
高田馬場駅
沿線から探す
山手線

記事トップへ

おウチのことなら、オウチーノ。

賃貸マンション・アパートの検索ならO-uccino。ご希望の沿線・駅、エリア、通勤・通学時間を基にお部屋探しをサポートします。賃料や間取りだけでなく、こだわり条件を指定すると、住みたい部屋をスムーズに見つけられます。物件以外に、ユニークな賃貸での暮らし方にスポットを当てた記事や1人暮らしの女子にスポットを当てた読み物コンテンツも豊富です。

賃貸を沿線・エリアから探す
ページトップへ