• 00
  • 00

下町の長屋に暮らす

築50年以上のレトロ空間
下町の長屋に暮らす

東京の下町にひっそりと佇む長屋。そこに住む女性を取材しました。最近はあまり見かけなくなった長屋ですが、下町にはきれいなまま数多く残っており、人とは違う部屋に住みたいと考えている方やデザイナーなどから人気があるようです。

開長屋は下町でも借りられる数が少なくなっている
長屋は下町でも借りられる数が少なくなっている

リフォーム

  • このページをはてなブックマークに追加

下町に残る、レトロな長屋

月島のように、東京の下町には昔ながらの長屋がひっそりと軒を連ねています。長屋とは、集合住宅のひとつで江戸時代には町人や職人の住居として、親しまれてきました。今のアパートやマンションとは異なり、玄関が道路(路地)に面していて、廊下などの共同スペースがない集合住宅のことを指しています。そんな長屋の最大の特徴はなんと言っても「レトロ感」。長屋に住むSさんは、「今ではなかなかお目にかかれない、すりガラスを組み込んだ玄関の引き戸はとても気に入ってます」と話してくれました。

昭和を連想させる
佇まい

Sさんが住むのは築50年を超える2階建ての4軒長屋。そんな彼女の部屋は50年以上リフォームされていないそうです。しかしそのおかげで、昭和を連想させるポイントが部屋のいたるところに残っています。「壁や柱、障子に窓、どこを眺めても木が使われている昔ながらのデザインは、とても温かみがあって心を落ち着かせてくれるんです。近所の人も親切ですし、長屋に一度住んだらもう抜け出せませんね」と、Sさんは長屋での生活を満喫している様子。昔ながらの空気を残す長屋での生活は、癒しを与えてくれる都会のオアシスかもしれません。

昔ながらの長屋は土間があって、近所の方と話ができる
昔ながらの長屋は土間があって、近所の方と話ができる

リノベーション済みの物件情報

所在地東京都中央区
間取り1DK
専有面積39平米
物件種別アパート
家賃100,000円/月
初期費用敷金2ヵ月礼金2ヵ月

キャリーのひとことレポート

木がむき出しのこんな家なら、生活しているだけで心が落ち着きそう。こんなレトロな部屋、一度は住んでみたいな。

  • このページをはてなブックマークに追加

上記の記事は、2010年10月1日現在のものです。掲載情報の著作権は株式会社オウチーノ(以下:弊社)に帰属します。情報内容は保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。予めご了承ください。

ユニークな賃貸の関連記事

すべて見る

「下町に残る、レトロな長屋」に関連するエリアの賃貸を探す

駅から探す
月島駅
沿線から探す
大江戸線

記事トップへ

おウチのことなら、オウチーノ。

賃貸マンション・アパートの検索ならO-uccino。ご希望の沿線・駅、エリア、通勤・通学時間を基にお部屋探しをサポートします。賃料や間取りだけでなく、こだわり条件を指定すると、住みたい部屋をスムーズに見つけられます。物件以外に、ユニークな賃貸での暮らし方にスポットを当てた記事や1人暮らしの女子にスポットを当てた読み物コンテンツも豊富です。

賃貸を沿線・エリアから探す
ページトップへ