PR

浜松市・田舎暮らしO-uccinoが選ぶ「ニッポンの田舎」シリーズVol.24【O-uccino(オウチーノ)】

田舎暮らしオウチーノ
日本全国、田舎暮らしの旅

海がきれい、空気が美味しい、魚も野菜もとっても新鮮etc…。
ニッポンが誇る「人気の田舎」をピックアップしました。

静岡県浜松市 Vol.24

全国二位の市域は、日本の縮図

浜松市は、静岡県西部地区にある政令指定都市で、面積は1,558.04km²。東京と大阪のほぼ中間に位置し、東海道新幹線や東名・新東名高速道路、国道1号など、交通の便に大変恵まれています。
南アルプスの山々と天竜川、浜名湖等、多彩な景色が楽しめ、それらの豊かな風土から良質な木材や農産物、新鮮な魚介類がもたらされます。全国2位の広大な市域で、山と海、人口や産業の集積地と過疎地を併せ持ち「日本の縮図」とも言われています。

自然と都市機能が調和したまち
龍山地域寺尾から天竜川をのぞむ

龍山地域寺尾から天竜川をのぞむ


移住者のリアルボイス この街の暮らし心地
宇野さん一家
宇野大介さんご一家(伊東市出身)
専業で農業ができる場所を探していました。大学時代の先輩の紹介で、平成21年度に移住。
お茶農家を営む傍ら、学習塾経営や消防団活動を行う。地域の活性化を目的とした地域通貨発行を準備中である。

田植えをする様子
充実のオーガニック生活を実践

移住当初の一年間は、共同製茶組合の研修生として生活を始めました。ノウハウを養いながら、自分で管理する茶畑も探しました。今は、共同茶工場の仲間と有機のお茶を製造する傍ら、水田、家庭菜園やクルミ栽培にも挑戦中です。環境に負荷の少ない生活を実践しています。


お茶を刈り取る様子
年を通して穏やかな気候

私たちの住む天竜区春野町は、風光明媚で明るい集落です。雪は降らず、夏は涼しく、とても過ごしやすいです。日々の生活は忙しいですが、地に足がついた生活を実感でき大変満足しています。畑へ出ている時は、近所のおばあちゃんが子どもの面倒を見てくれたりと、人がとても親切です。


地域とともに歩む移住を

浜松市北部の山間部(天竜区と北区引佐の一部)は、豊かな自然や、民俗芸能などの地域資源とともに、素朴で人情味あふれた昔ながらのコミュニティが今も残っている地域です。実際に住むと、生活の豊かさを感じるとともに、地域に関わっていく中で、自身の存在価値も確かめられることでしょう。過疎化・少子高齢化が進んでいる地域ですが、支えあい、共に歩んでくださる方をお待ちしています。

浜松市中心部から南アルプスをのぞむ
浜松市中心部から南アルプスをのぞむ
浜松市ってこんなとこ
浜松市担当者の方

天竜区役所 区振興課
杢谷知子さん

移住を考える際に、地域とのお付き合いは重要です。地域の方と触れ合う機会を作るなど、段階的に皆様をサポートしていきます。

住んでしっくりくるのはこんな人
ナンバー1 人づきあいが好きな方
ナンバー2 自然の中で暮らしたい方
ナンバー3 まちづくりに興味がある方
この街でできるとびっきり田舎暮らし
世帯数:321,993世帯 人口:812,286人(平成26年1月1日現在
住民基本台帳より) 面積:1,558.04平方キロメートル
平均気温:16℃ 最高気温:39.8℃ 最低気温:-3℃ 降水量合計:1567.0㎜
(平均気温、降水量は気象庁統計による2013年月の平均値から算出)
移住の相談はこちら
交流体験ツアー 移住者のお宅訪問や空き家見学を行います。
交流体験ツアー
移住者のお宅訪問や空き家見学を行います。

窓口での相談受け付け、首都圏での相談会出展のほか、ホームページやブログなどで、地域情報の提供をしています。また、交流体験ツアーや田舎暮らし案内など、移住希望者のステップに合わせた対応がいつでもとれるよう取り組んでいます。

この街に住もう
住まいを借りる

住まいを売る

浜松市を詳しく知る

ニッポン全国田舎暮らしの旅バックナンバー


おウチのことなら、オウチーノ

中古一戸建て・中古住宅の検索・購入なら「O-uccino」。ご希望の沿線・駅、エリアはもちろん、土地面積や駐車場の台数といった一戸建てユーザーならではのこだわりを反映した検索条件でお気に入りのマイホームが見つかります。中古一戸建ての購入にかかる諸費用や注意点などをまとめたノウハウ記事も豊富に掲載しています。

人気キーワード
ページトップへ