PR

恵那市・田舎暮らしO-uccinoが選ぶ「ニッポンの田舎」シリーズVol.9【O-uccino(オウチーノ)】

田舎暮らしオウチーノ
日本全国、田舎暮らしの旅

海がきれい、空気が美味しい、魚も野菜もとっても新鮮etc…。
ニッポンが誇る「人気の田舎」をピックアップしました。

恵那市 Vol.09

伝承される智恵と絆

恵那市は岐阜県南東部に位置し、市の78%が山林に囲まれた面積504.19k㎡の緑豊かなまちです。大正13年、木曽川に建設された日本初のダム水路式発電所、大井ダムをはじめ、阿木川ダムや矢作ダム、小里川ダムなど、ダムの多いまちでもあります。冬には昼と夜の温度差が大きく雪が少ない環境を利用した天然細寒天の製造が行われ、現在、国内シェア90パーセントを誇っています。人と人が協力し合い、育ててきた産業が多いこのまちは、温かさと強い絆が詰まった人間味の溢れるまちです。

ほっこり人情とあったか景色を堪能!
寒天干しの風景

寒天干しの風景


移住者のリアルボイス この街の暮らし心地
移住者の方
大江純恵さん(福島県出身)
東京での会社員生活から2011年5月、大分への一時移住を経て、2012年3月末に恵那市へ移住。

旦那様は就農、純恵さんはふるさと活性化協力隊として町内のNPO法人の福祉事業に従事しながら、3人の元気なお子様と共に新たな生活を始めている。

恵那市の風景
かけがえのない子供たちへ

縁もゆかりもなく、まだ移住したばかりのまだまだ未開の土地です。ですが、水や空気がきれいでホタルが出るような自然環境が豊かなところで、子どもたちと共に暮らしていきたかったのです。


農村風景
たまたま見つけた運命的な出会い

農的な暮らしを求めて東北地方や九州地方を移住の地として検討しましたが、見合う物件が中々見つかりませんでした。夫が岐阜県出身だったこともあり、こちらでも検討することになり、たまたま恵那市の空き家情報バンクで自分たちに見合う物件が見つかり移住を決めました。


温かな人と人とが繋がるまち

恵那市は豊かな自然と歴史や文化が自慢ですが、一番の宝は人です。温かい人と人とのつながりの中で、自然を感じながら生活できる町です。中山道大井宿や南部には800年の歴史を持つ女城主の城下町・岩村やレトロな雰囲気漂う日本大正村・明智があります。そんな歴史と人々の知恵が終結したこのまちは、雄大な自然に囲まれ、四季折々の表情をみせます。豊かな自然と受け継がれし文化が根付くこのまちには、きっと温かな生活が待っています。

恵那市富田地区農村風景
恵那市富田地区農村風景
恵那市ってこんなとこ
恵那市担当者

恵那市役所 ふるさと活力推進室 佐々木和美さん

どんなまちか知るためにも、一度は出かけてみて下さい。市の移住定住担当者が、皆様のお世話をさせて頂きます。

住んでしっくりくるのはこんな人
地域づきあい等、積極的に交流に加わる心構えがある方
自然の中でのびのびと子育てをしたい方
ネットでの仕事や起業を考えている方
この街でできるとびっきり田舎暮らし
世帯数:19,412世帯 人口:54,382人(恵那市ホームページより)
面積:504.19平方キロメートル
平均気温:13.1℃ 最高気温:31.9℃ 最低気温:-4.8℃ 降水量合計:192.0mm
(平均気温、降水量は気象庁統計による2011年月の月ごとの平均値から算出)
移住の相談はこちら
岩本本通り
岩本本通り

相談窓口では、電話、メール、FAX等、いつでも相談をお受けしますが、恵那市を感じて頂くために、必ず来庁しての御相談をお願いしています。直接来るのは難しいという方へは、名古屋、大阪、東京でセミナーを開催していますので、お気軽にご相談ください。
「試しに住んでみたい!」という方には、空き家バンクもご用意しています。

この街に住もう
リフォームして住む

住まいを借りる

住まいを売る

ニッポン全国田舎暮らしの旅バックナンバー


おウチのことなら、オウチーノ

中古一戸建て・中古住宅の検索・購入なら「O-uccino」。ご希望の沿線・駅、エリアはもちろん、土地面積や駐車場の台数といった一戸建てユーザーならではのこだわりを反映した検索条件でお気に入りのマイホームが見つかります。中古一戸建ての購入にかかる諸費用や注意点などをまとめたノウハウ記事も豊富に掲載しています。

人気キーワード
ページトップへ