PR

中古住宅購入「必勝スケジュール」【O-uccino(オウチーノ)】

物件探しから入居まで3ヵ月で完了!

中古住宅購入「必勝スケジュール」

即入居できる物件が多いのも、中古ならではの魅力。物件探しから契約、入居までを3ヶ月で完了させる、上手なダンドリ術とスケジュールの組み方を公開します。

中古住宅購入「必勝スケジュール」

1ヶ月目

情報収集

中古物件購入の第一歩は、情報の収集。中古住宅は新築よりも圧倒的に物件数が多いので、住みたいエリアやほしい住宅の種類・広さなどで絞り込みます。気になる物件があったら、迷わず資料請求や問い合わせをして、不動産会社とコンタクトを取りましょう。

もっと知りたい方はこちらの記事もチェック!

現地見学

問い合わせの後は、休日などを活用して現地の見学へ。不動産会社の担当者と相談し、1日に数件を見学できるスケジュールを組んでおくと効率的です。気に入った物件へはできれば複数回足を運び、時間帯や曜日による環境の違いを見ておくと、さらに安心。

もっと知りたい方はこちらの記事もチェック!

2ヶ月目

物件の決定

いくつかの中古住宅を比較して、ほしい物件を絞り込んでいきます。この頃から資金計画を開始し、自分に適した住宅ローンのプランや金利タイプ、借入額を調べておきましょう。物件のスペックによって組めるローンも変わるので、住宅ローンの選定は慎重に。

もっと知りたい方はこちらの記事もチェック!

購入申込

購入する物件が決まり資金計画に無理がないことが分かったら、購入申込を行います。住宅ローンを利用する場合は金融機関の審査があり、源泉徴収票や10万円程度の申込金が必要になるので、事前に用意しておくと安心です。リフォーム会社との契約もこの時期に。

もっと知りたい方はこちらの記事もチェック!

3ヶ月目

売買契約・引渡し

不動産会社を通じて売主と売買契約書を取り交わし、契約を結びます。その際に重要事項説明があるので、瑕疵保険の期間や手付解除の期間などをしっかり確認。住宅ローンの審査を通過したら、頭金や税金、手数料の支払いが発生します。事前に準備しましょう。

もっと知りたい方はこちらの記事もチェック!

引っ越し

契約が無事に済み、新居の鍵をもらったらいよいよ引っ越し。リフォームを行う場合は、入居前に済ませてもらうと、快適な住まいで新生活がスタートできます。引っ越し業者への依頼はもちろん、役所への手続き、公共料金の住所変更届なども忘れずに。

もっと知りたい方はこちらの記事もチェック!

column中古を買って得する季節ってあるの?

基本的には、自分たちの希望や都合に適した時期に物件探しを始め、入居するのが一番ですが、一般的に年始や転居の増える春先は住まいを探す人が増える傾向にあります。ライバルを気にせずじっくり比較検討したいなら、この時期を外すという手があります。また、年を跨いでしまうと、住宅ローン控除など購入支援制度のルールが変わってしまうことも。急げば年内に間に合うといった場合には、心掛けておいた方がよさそうです。

新居のインテリア

おウチのことなら、オウチーノ

中古一戸建て・中古住宅の検索・購入なら「O-uccino」。ご希望の沿線・駅、エリアはもちろん、土地面積や駐車場の台数といった一戸建てユーザーならではのこだわりを反映した検索条件でお気に入りのマイホームが見つかります。中古一戸建ての購入にかかる諸費用や注意点などをまとめたノウハウ記事も豊富に掲載しています。

人気キーワード
ページトップへ