建築家・小林 輝子 さんのブログ一覧

この建築家にプランを相談する(無料)

建築家・小林 輝子 さんの記事 52件中 1~20件を表示

1 2 3 次へ

リハビリ

2022/09/14 更新

久しぶりに都内での仕事にも公共交通機関を使用して行くことが出来ました。 右足首を骨折してから2ヶ月半。足を地について歩いて良いという許可が出ました。 通過時間帯の電車などはDr.stopで行くことが出来ませんでしたが、新幹線や介助者付きの車移動はOKとの事でまわりにご迷惑をおかけしながらも何とか出来ることはしてきました。 その中で、足が不自由になったことで1ヶ月は車椅子でしたが公共施設のバリアーフリーの大切さなど実感。介助する側だ...

1年点検

2021/09/03 更新

お引き渡しから1年が経ち、施工会社による点検が行われました。 お施主さんから事前にうかがった内容を含めてチェックしていきます。 防水部分、床、壁、建具、設備などを見て、問題があれば、施工会社が補修していきます。 1年暮らしてみての感想は「1戸建てなので、子供がのびのびと走りまわれること、ご実家と共有している庭でバーベキューやお花を育てたり、収納スペースの充実で家事しやすくなったことなど。2年間の自粛、リモートワークなども重なり、...

仕事の帰りに自由学園明日館の桜を見てきました。 満開で、少し散り始めた頃。 クリスチャンである羽仁ご夫妻が建築家遠藤新の薦めで巨匠である建築家フランク・ロイド・ライトに設計依頼されて建てられた学校が明日館です。 桜を背景に良く映える佇まいは左右シンメトリーで美しさが際立ちます。 ちょっとした束の間の幸せを感じて来ました。

民家再生

2018/03/12 更新

少し前になりますが、学芸員の方の推薦で、さいたま文学館にて。 「民家再生〜住まい手の思いと受け継がれる伝統の技〜」 (公益財団法人けやき文化財団共催・埼玉県教育委員会後援)ということで、市民の方々にお話しをする機会をいただきました。 私がこれまで手がけた、建て主さんの住まいを事例にしましたが、古民家の良さと残す事の大切さや価値など興味を持って聞いていただけたようで、良かったです。 また、職人さんのなかで受け継がれて来た、伝統技術や...

神楽坂

2017/11/26 更新

今年も残すところあと少し。 忘年会シーズン。 とは言え、今年は家のこともあり控えめに。 仕事上の付き合いのみ。 久しぶりの神楽坂。 発酵マイスターの友人が初めて行ったお醤油を取り入れたお料理で楽しむ会。 麹を使ったお料理など、美味しくてレシピも頂いたので参考に。 お施主様方もお料理好きな方が周りに多く、オーダーキッチンを設計し、製作させていただくことが多いのですが、わが家のキッチンもオーダーです。 お掃除の日は、朝から換気扇の掃...

日本の家展

2017/08/03 更新

先日、東京国立近代美術館へ 1945年以降の建築と暮らし 昭和の建築家56人による家を観て来ました。 招待チケットを頂きましたので、入館料はわかりませんでしたが、 見応えのある展示でした。 模型などの展示もあり、楽しめます。 図面などではイメージが捉えにくい事もありますが、模型にすると一般の方にもわかりやすいですね! 設計者であれば、平面を考えるのと同時に頭の中では、常に立体になった時の建物全体のバランスまでイメージして計画...

街中でもイースター用の卵型のチョコレートを今年は多く見かけるようになったのは、気のせいでしょうか? お花や、蜜蜂、ウサギなどが可愛らしくデコレーションされていました。 私は本日はイースター礼拝です。 S邸の漆喰は、奥さま希望のコーラルピンク色にしました。 左官屋さんと現場で何度も打ち合わせをして使ったオリジナルの漆喰です。 時間が経ち、色合いがだいぶ落ち着いて来ました。

建築家仲間と勉強会

2017/04/15 更新

埼玉・西東京の建築家仲間と恒例となった勉強会 今回は、花見をしながら。 春の暖かな陽射しに、意見を交わした後は 皆んなウトウト。 日頃、遅くまで仕事をしていますから ホッとすると心地良くなってしまいます。

樹氷

2017/01/24 更新

民家調査の翌日に冬山に登って参りました。 赤城黒檜山&駒ヶ岳縦走でしたが、今年は積雪があり登山口まで車で行くにも途中スリップして動けなくなっている車が沢山ありました。 黒檜(クロビ)はクロベと呼ばれ、ヒノキ科の常緑高木ということもあり、この山にはヒノキが多いのかと思って居ましたが、山頂では見当たらず、枝ぶりがカエデのような木々を多く見かけました。 木に花のように咲いた雪が綺麗で陽を浴びてキラキラ光る樹氷。 山頂ではガスボンベ...

職人の親方が撮ってくださって居た現場での設計監理の写真。 自分自身が現場監理をしている際の写真などは滅多にありません。 設計士は計画した設計図と相違なく現場が進行しているかを設計監理をする役割を担って居ますが、私の場合、現場監理に加え、現場管理する必要のある現場では1日職人と一緒に居ますので工事現場内をあちこちしています。 貴重な写真を撮って頂いて感謝。内装も仕上がって、造作キッチンの扉をつけるのみになっていた頃のものなので、現...

6年目のメンテナンス

2017/01/20 更新

建て主さんのお宅に伺うと、今年もペレットストーブが大活躍とのこと。 定年退職される5年前に家づくりをご依頼して頂いて、老後の暮らしも考えた設計になって居ます。 燃料のペレットは薪ストーブよりはお掃除手間はかかりませんが、燃料を置く場所の確保が必要です。 建て主さんが、使って見てエアコンや石油ストーブよりはランニングコストが安いそうです。 朝の煙突掃除は灰をかき出すのですが、家で過ごすことが多くなったご夫婦にはゆとりある時間。 お...

陽があたる場所

2017/01/18 更新

寒い日は陽だまりでヌクヌク。 我が家は東南からの陽射しが午前中にリビングに入って来ます。 陽があたる場所は草花も元気です。 玄関先に植わっている椿が今年は威勢よく、そばに植えてあります馬酔木も小さな蕾を持ちました。 寒さ厳しい季節ですが、庭の様子を見ていますと今年の春は山でも花をたくさん見ることが出来るのではないかと期待して居ます。 愛猫は21歳になりました。 あったかい場所、涼しい場所を探すのが得意。 母もあったかい場所へ。...

手づくり弁当

2016/05/18 更新

最近は毎日お弁当作りをして居ます。 前日のおかずのアレンジなど。 無理しない程度が続けるコツですが、我が家もキッチンのリフォームをして暗い、寒い、使い勝手が悪いということから解放されてキッチンに立つことも苦ではなくなりましたので、それも影響しているような気がします。今まで食卓が物置場になってしまっていたところが、食堂として機能しています。 我が家のリフォームをして気がつくこともままあります。 今月はお施主さんのお話を聞ける日があり...

草花を楽しむ暮らし

2016/05/12 更新

今朝、庭の水遣りをしていましたら蹲近くから虹を見る事が出来ました。 蹲が壊れて水が出なくなったのを職人さんと一緒に見ましたら接続不良とバルブの種類が違う事がわかりました。実家のメンテは父がしてきましたが、四年前になくなりましたので最近は私が見ています。 外壁の塗装、屋根、破風、枠周りの塗装は昨年終えて今年は水栓金具の破損から床下を見たら大変な事になっていましたのでリフォームしました。 塗装は5年〜20年程度。種類によって持ちの違い...

小物たち

2016/03/28 更新

小さなキッチンですが、片付けも落ち着いて少しずつ小物が置かれています。 お気に入りのものを飾るのもリフォーム後の楽しみですね。

小さなキッチン

2016/03/13 更新

【プチ】キッチンリフォーム工事も12日目になりました。 14日(月)の明日に電気・設備を終えたら16日(水)にガス工事。 その間に、家具の微調整や造付けの棚、枠周りや窓台の加工などをして宮大工さんが取りつけて終了。 3月1日に解体してから2週間ほど。 キッチン&ダイニングの4.5坪(9帖)の工事。 キッチンが使えない間は、リビングでお野菜などなんでも鍋をして母と2人楽しみました。 猫も無垢の木の香りが好きなのか?本能で爪砥ぎをし...

わが家の【プチ】キッチンリフォーム工事は4日目に入りました。 いつもお施主さんの住まいの施工をしてくださっている工務店の宮大工さん、建具屋さん、設備、電気屋さんなどに来ていただいています。 普段は北は秋田、西は京都までの社寺や文化財指定の住宅などの補修も手がけている職人さん達は、偶々、工場がウチから15分圏内のところにあるので実家のリフォームをしていただきながら、その他の打ち合わせもスムーズ。 本日も朝7時から工事に入っています。...

今月いっぱいは、私の実家である築42年になる住まいのキッチン&ダイニングリフォーム。 昨年、水栓金具が壊れた際に床下を見る機会がありました。 既設のキッチンの配管が当初からズレて居て、長年の水漏れで床を腐らせていました。 使い勝手と設備配管、配線などを整理しながらリフォームすることを決心。住みながらの水まわりのリフォームがはじましました。

監理業務の一年

2015/12/31 更新

今年は、設計業務よりも監理業務の一年でした。 一昨年に設計を終えた案件が同時に着工になったという理由からです。 来年は、前半設計、後半監理となりそうです。 10月に竣工し、お引き渡しをしたお施主さんの住まいに伺いました。 奥さまの手づくり麻婆豆腐でランチ。 シュガークラフトをご趣味にされていて、作品を飾ったり、お菓子作りが出来るキッチンが欲しいとのことで、棚からテーブル、作業台、キッチンまで全てを設計を行い、家具図を作成し、職...

外壁をサイディングから杉板の下見板に。壁体内には断熱材を二重に施工しています。 家事の動線が広すぎて使い難かったのを、コンパクトにまとめました。 http://kiraralife.exblog.jp/21491371/

建築家・小林 輝子 さんの記事 52件中 1~20件を表示

1 2 3 次へ

この建築家にプランを相談する(無料)

注目の建築家

ARCHITECT’S BLOG

建築家ブログ最新記事:RSS

ガランドウのハコからお客様…

ナイトウタカシ

2022.12.08
とある家づくりの現場。 上...

建築家:ナイトウタカシ

造り付けの洗面で、らしさを…

ナイトウタカシ

2022.12.07
かわいさとクールさを持ち合わせた洗...

建築家:ナイトウタカシ

キッチンはやっぱり対面がい…

ナイトウタカシ

2022.12.06
I型の対面キッチンから一直線につな...

建築家:ナイトウタカシ

特集記事「始めたい、薪スト…

相川直子+佐藤勤

2022.12.05
住まいや建築家を紹介するウェブサイ...

建築家:相川直子+佐藤勤

家づくりの打ち合わせって。…

ナイトウタカシ

2022.12.05
テーブルの上がクリスマスな雰囲気で...

建築家:ナイトウタカシ

建築家ブログ記事一覧へ

ISSUE

how to use

建築家オウチーノの使い方

FAQ -よくある質問と答え-

専用フォームで24時間お問い合わせ受け付けます

一般の方、建築家の方、不動産会社の方専用フォーム

TRUSTe

このページの先頭へ