建築家 稲田 康紀さんの作品事例

6件中 1〜6件を表示

1

深い軒の自然素材の平屋

吹田の家

建築種別 ロケーション 予算帯 竣工年 都道府県
注文住宅 郊外 3500万円 2020年 大阪府

勾配天井で空間の面積が増えるが断熱性の向上や自然素材を使うことで、落ち着いた空間とすることができた。

外壁は左官仕上げ

高槻の家5

建築種別 ロケーション 予算帯 竣工年 都道府県
注文住宅 郊外 4500万円 2013年 大阪府

中庭にシャラ、シマトネリコ等を植え、四季を感じられる様にし、また主要な室はすべて中庭側に開口部を設け家の中心となるようにした。
吹抜を計画することで、中庭からの採光を確保し明るく開放的な空間とした。

板貼のLDK

交野の家

建築種別 ロケーション 予算帯 竣工年 都道府県
注文住宅 郊外 3000万円 2018年 大阪府

交野の閑静な住宅街に建つ趣味を詰め込んだ家
土地の特性を活かし平屋で計画をし、趣味のサーフィンをしまう空間を確保

無垢の木を壁にも使い、玄関ではヘリボーンの壁がお出迎え。

LDKの壁にアガチスの板貼でアクセント

茨木の家

建築種別 ロケーション 予算帯 竣工年 都道府県
注文住宅 都市部 30000万円 2019年 大阪府

空間をあまり仕切ることなく開放的に計画。
一階部分のみでも生活が可能なように、水回りは一階部分に集約
外部からの視線が気にならないように、ツインスタイルのブラインドを使用し、遮光もできる。
アクセントにアガチスの板貼を使用しメリハリのある空間とした

リビングに光を入りやすくする為、単純なL型ではなく、下屋部分を45度に振った。

近江八幡の家

建築種別 ロケーション 予算帯 竣工年 都道府県
注文住宅 郊外 22000万円 2013年 滋賀県

下屋部分を45度に振ることで、リビングに光を入りやすくした。
内装に漆喰を塗ることで、素材感や表情をだし、梁を塗装することで落ち着いた内装にした。

外観

高槻の家3

建築種別 ロケーション 予算帯 竣工年 都道府県
注文住宅 住宅密集地 1800万円 2012年 大阪府

外観は、塗り壁だけだと重いので、木の格子で軽快なイメージにしました。
格子にすることにより通風と採光がとれつつ、バルコニーの目隠しになります。
床をパインの無垢材とし、壁を左官仕上げにしています。
また、奥様のステンドグラスは岡山から取り寄せたアンティーク品です。

6件中 1〜6件を表示

1

注目の建築家

ユーザーが選んだ
建築家作品ランキング

ISSUE

how to use

建築家オウチーノの使い方

FAQ -よくある質問と答え-

専用フォームで24時間お問い合わせ受け付けます

一般の方、建築家の方、不動産会社の方専用フォーム

TRUSTe

このページの先頭へ