建築家・柳沢伸也+柳沢陽子さんのブログ「災害に強い家つくり」

災害に強い家つくり

2022/08/19 更新

短期間に局地的に激しい雨が降る「ゲリラ豪雨」が相次いで起きています。
ゲリラ豪雨は半世紀で倍増したとの分析もあり、警戒が必要です。

これまで住宅設計を依頼されたときには、必ずハザードマップを確認し、
地盤状況や浸水の危険性を織り込んで設計してきました。
雨水は想定される単位面積あたりの最大雨量という数値があり、
排水桝や雨樋の計画に当たって、その基準値を十分に満足する設計を心掛けてきています。
しかし、最近各地に起こるゲリラ豪雨は予想をはるかに超える量で、もはや
事故が起こったときに、専門家として「想定外でした」では済まされない状況です。

写真の住宅は、運河そばに立地していたため、万一の浸水を懸念して、
住宅の基壇部分を周囲の敷地より約80㎝上げて、防水対策を徹底した住まいです。
幸い、住宅オーナーの方は、浸水対策、防水対策の提案に賛同してくれました。
雨水に対しては、単純な形の屋根を採用し、雨どいをオープンな形として、
ゲリラ豪雨に対しても問題ないよう対策しています。
さらに、雨水は大きな雨水タンクに貯水し、賢く植栽の散水や車の洗浄に使用しています。

ゲリラ豪雨や河川の氾濫による災害に対して、公共に頼らず、
自分たちで可能な災害に強い家をつくる、そんなことを考えながら、日々設計に取り組んでいます。

注目の建築家

ARCHITECT’S BLOG

建築家ブログ最新記事:RSS

家を新しくする人たちへ

中村弘道

2022.09.27
建築家から見た一般の人に向けた建築...

建築家:中村弘道

大事な説明は聞く側の立場に…

ナイトウタカシ

2022.09.27
その後、とある家づくりの打ち合わせ...

建築家:ナイトウタカシ

Cute House 完成…

北原啓子

2022.09.26
若いご夫妻の可愛い家造り、完了しま...

建築家:北原啓子

現場の打ち合わせから土地探…

ナイトウタカシ

2022.09.26
とある家づくりの現場。 昨日、こ...

建築家:ナイトウタカシ

お客様と一緒に現場を見て楽…

ナイトウタカシ

2022.09.25
かなり空間がイメージできるようにな...

建築家:ナイトウタカシ

建築家ブログ記事一覧へ

ISSUE

how to use

建築家オウチーノの使い方

FAQ -よくある質問と答え-

専用フォームで24時間お問い合わせ受け付けます

一般の方、建築家の方、不動産会社の方専用フォーム

TRUSTe

このページの先頭へ