渡辺純 建築家・渡辺純さんの作品

広尾:裏手の広大な森を借景とした住まい

フォーマルな印象の南道路側外観

フォーマルな印象の南道路側外観

依頼者の要望
施主はシンガポールに住むイギリス人銀行家。東京都心部において自らも将来住まうことを意図して2軒の賃貸住宅を上下に重ねてつくることになりました。
土地取得の決め手となった裏手の広大な森の緑の素晴らしさと、私道突き当たり(クルドサック=袋小路)という立地がもたらすプライベートな雰囲気を活かし、街並みに対する顔としてのファサードを重視する、ロンドンの住宅地に負けない優れたタウンハウスが要望されました。
建築家のコメント
裏手の広大な森を気に入った建主が2軒の賃貸長屋を造ることにしました。高級住宅として南側の主ファサードでは構造法にも踏み込んだ建築デザインが要請され、住宅内部ばかりでなく外部街並みに対してもきちんとした主張を発しているかがポイントとなりました。裏手の稀な森の緑を室内の各シーンに借景として取り込むもうとしています。建築の表層をコンパクトにまとめ立方体に近い塊とし、さらに断熱材で包み込んで無駄なエネルギー消費を抑えました。ドライエリアを持つ地下2階を設けたため、外部の温熱環境にあまり左右されない内部空間を全体の半分近くにまで至らしめました。コンパクトシティ実現のための町屋プロトタイプを出現させたと考えています。

フォトギャラリー(クリックで拡大できます)

この建築作品の基本データ

箇所情報 - 工事の種類 注文住宅
建物の種類 一戸建て 構造 RC造(鉄筋コンクリート造)
間取り - 総工費(目安)※ 25000万円
敷地面積 318.6m2 延床面積 552.0m2
設計・デザインのポイント 土を捏ね焼成されたことでヒューマンなぬくもりを感じる、立体タイルによる大型透かし積みスクリーンをインテリアデザインの主要素とし、外壁では同様に手作業による仕上がりを意識させるコンクリートはつり仕上げとしました。カジュアルで寛いだ雰囲気の横溢する住まい空間実現を目指し、住み手が自信をリクリエイトする場を創ろうとしています。程良いスケールの美しいファサードを街並みに対して現出させようともしています。
所在地 東京都 ロケーション 都市部
沿線 - 工期 設計:12ヶ月間  施工:12ヶ月間
竣工 2009年 09月 メディア掲載 GOOD DESIGN AWARD 20112012年3月
I'm home2011年9月号
JIA建築年鑑20102011年6月
I'm home2011年5月号

※この作品事例の登録日は、2018年10月13日です。
※総工費は設計監理料と土地代を除いた総工費の目安金額となります。

この建築家の詳細を見る

この作品の建築家にプランを相談する

渡辺純

渡辺純株式会社JWA建築・都市設計

東京都渋谷区大山町21-6-102

この8年で7度のグッドデザイン賞をおかげさまで受賞できました。クライアントは20代から60代の方と幅広く、多様なご要望の住まいを協働を心掛けながら丁寧に仕上げて参りました。まずはプロジェクト敷地...続きを読む

この作品事例を見たユーザーからの評価

総合評価(平均):

2.8点 / 5点 評価者15人

評価の詳細

デザインがいい
(2.9点/5点) 評価者15人
コストに納得
(2.5点/5点) 評価者15人
参考になった
(2.9点/5点) 評価者15人

この作品を評価する

デザインがいい
コストに納得
参考になった

渡辺純さんの作品事例をもっと見る

この作品に付けられたタグ

この作品事例を見た人は、こんな事例も見ています 

この作品事例に関連するページへのリンク

東京都の近隣エリアで設計事務所を探す

東京都を含めた近隣エリアで建築家を探す

東京都を含めた近隣エリア作品事例を探す

このページの先頭へ