渡辺純 建築家・渡辺純さんの作品

成城ミッドセンチェリーテイストの家

リビングルームと一体的に使われるガーデンテラス

リビングルームと一体的に使われるガーデンテラス

依頼者の要望
建築家チャールズ・イームズの作品に代表されるアメリカ・カリフォルニアでのミッドセンチュリー風の住宅が求められました。庭の緑を楽しむため大開口のテラス窓に、また屋上には隠れ部屋としての書斎が面するように、との希望が出されました。
建築家のコメント
オウム、ネコ2匹、熱帯魚と多彩なペットと共に趣味人の若夫婦が暮らす住まいです。吹き抜けのある約32帖のリビングダイニングキッチンは、和室の引戸を開けると約40帖の一体空間となります。玄関ホールからのブラックスレート敷きの床は、リビングダイニングキッチンそしてその先の「にわ」にまで続いています。リビングルームの窓はフルオープンで開き、「にわ」は第2のリビングルームとなることが期待されています。冬はストーブを囲みながら、そして夏は「にわ」にまで開放した大きなリビングルームにてパーティーなどの社交がふんだんに行われます。屋上バルコニーにはパーゴラがあり、主人の趣味部屋からすぐに出られるアメニティに満ちた空間となっています。

フォトギャラリー(クリックで拡大できます)

この建築作品の基本データ

箇所情報 - 工事の種類 注文住宅
建物の種類 一戸建て 構造 S造(鉄骨造)
間取り - 総工費(目安)※ -
敷地面積 301.4m2 延床面積 196.0m2
設計・デザインのポイント 「かお」を南へ向けた建築となっています。ガラス面が多く開放的なたたずまいの1階に対し、寝室等の個室を並べた2階には自ずとボリュームの集中があります。操作を丁寧にしたボリュームは、水平方向左右への動きを生成しつつ、全体を引き締め凝縮感が期待されています。
所在地 東京都 ロケーション 都市部
沿線 - 工期 設計:13ヶ月間  施工:12ヶ月間
竣工 2009年 11月 メディア掲載 新建築 住宅特集2010年12月号

※この作品事例の登録日は、2018年08月11日です。
※総工費は設計監理料と土地代を除いた総工費の目安金額となります。

この建築家の詳細を見る

この作品の建築家にプランを相談する

渡辺純

渡辺純株式会社JWA建築・都市設計

東京都渋谷区大山町21-6-102

この7年で6度のグッドデザイン賞をおかげさまで受賞できました。クライアントは20代から60代の方と幅広く、多様なご要望の住まいを協働を心掛けながら丁寧に仕上げて参りました。まずはプロジェクト敷地...続きを読む

この作品事例を見たユーザーからの評価

総合評価(平均):

3.1点 / 5点 評価者11人

評価の詳細

デザインがいい
(3.3点/5点) 評価者11人
コストに納得
(2.8点/5点) 評価者11人
参考になった
(3.1点/5点) 評価者11人

この作品を評価する

デザインがいい
コストに納得
参考になった

渡辺純さんの作品事例をもっと見る

この作品に付けられたタグ

この作品事例を見た人は、こんな事例も見ています 

この作品事例に関連するページへのリンク

東京都の近隣エリアで設計事務所を探す

東京都を含めた近隣エリアで建築家を探す

東京都を含めた近隣エリア作品事例を探す

このページの先頭へ