渡辺純 建築家・渡辺純さんの作品

杉化粧型枠使用RC造ギャラリーのような家

木製ルーバーを特徴とした外観

木製ルーバーを特徴とした外観

依頼者の要望
施主は、子供達が独立して家を離れた後の老夫婦。コンクリート造の美術館のような家にて、絵のコレクションに囲まれて悠悠自適に暮らしたいとの要望がなされました。
建築家のコメント
郊外に整備された古くからの分譲住宅地における住宅の建て替えです。美術館のような家を新築し余生を楽しく暮らしたい、との要望が出され設計に取り掛かりました。クライアントは定年退職した年配のカップルであり、夫婦二人で寛ぎ豊かに住まうための住宅として考えられました。
敷地をまずは回り込むようにして南西に至り、そこから庭にめがけてアプローチし、最終的に玄関におおらかに入っていく南入りプランとしています。このときリビングルームは西に向きますが、木製ルーバーを大きく前面に設けることで、外観における主要なまとめ役ともしています。3階の軒高さまで達する木製ルーバーは豊かな表情をもたらし、住まい全体が包み込まれるような印象をもたらしています。

フォトギャラリー(クリックで拡大できます)

この建築作品の基本データ

箇所情報 - 工事の種類 注文住宅
建物の種類 一戸建て 構造 RC造(鉄筋コンクリート造)
間取り - 総工費(目安)※ -
敷地面積 245.9m2 延床面積 210.2m2
設計・デザインのポイント ひばりヶ丘の落ち着いた住宅地に建つ3階建ての専用住宅です。
まず住宅へのアプローチは庭を見せつつ、おおらかに南から入るレイアウトとしました。このとき西に向くリビングルームには木製ルーバーを配し、外観上も主要なアクセントとなるようデザインの工夫をしたことが最大の特徴です。3階の軒高さまで達するルーバーは豊かな様子で住まい全体を包み込むような印象をもたらしています。
所在地 東京都 ロケーション 郊外
沿線 - 工期 設計:13ヶ月間  施工:9ヶ月間
竣工 2007年 09月 メディア掲載 -

※この作品事例の登録日は、2018年08月06日です。
※総工費は設計監理料と土地代を除いた総工費の目安金額となります。

この建築家の詳細を見る

この作品の建築家にプランを相談する

渡辺純

渡辺純株式会社JWA建築・都市設計

東京都渋谷区大山町21-6-102

この8年で7度のグッドデザイン賞をおかげさまで受賞できました。クライアントは20代から60代の方と幅広く、多様なご要望の住まいを協働を心掛けながら丁寧に仕上げて参りました。まずはプロジェクト敷地...続きを読む

この作品事例を見たユーザーからの評価

総合評価(平均):

3.2点 / 5点 評価者10人

評価の詳細

デザインがいい
(3.4点/5点) 評価者10人
コストに納得
(2.7点/5点) 評価者10人
参考になった
(3.4点/5点) 評価者10人

この作品を評価する

デザインがいい
コストに納得
参考になった

渡辺純さんの作品事例をもっと見る

この作品に付けられたタグ

この作品事例を見た人は、こんな事例も見ています 

この作品事例に関連するページへのリンク

東京都の近隣エリアで設計事務所を探す

東京都を含めた近隣エリアで建築家を探す

東京都を含めた近隣エリア作品事例を探す

このページの先頭へ