市川 均 建築家・市川 均さんの作品

ローコスト『1.5階建て住宅』その1

シンプルだからローコストな木と漆喰の家『1.5階建て住宅』

シンプルだからローコストな木と漆喰の家『1.5階建て住宅』

依頼者の要望
 きっかけは、木童という材木屋さんのショールームにこられた女性の『1000万円で木の家は出来ないですか』という一言でした。これを聞いた材木屋さんは、『そんなの無理だよね。』といって私に話しましたが、私が『そうでもないよ。考え方ひとつで出来ない事はないんじゃない。』と答えました。その後、この家づくりを私がお受けする事になり、同時に材木屋さんとの企画住宅の開発がスタートしました。
建築家のコメント
 なぜ、このような価格が実現したのでしょう。その理由のひとつは、木材をバリューパックした事です。極力新建材は使わずに、木材と漆喰だけで家を創る事を目指したことで、木材以外の材料と様々な無駄を減らすことになり、合理的、かつ経済的になりました。ポイントは以下の通りです。
1、 形をシンプルにする事で、材料の無駄と職人の無駄な手間を減らすこと。
2、 リビングは天井を高く、それ以外は標準的な天井の高さになるよう、片流れ屋根のボリュームとする。これが1、5階建て住宅の名前の由来です。
3、 ライフスタイルの変化に対応できる様、間仕切壁は最低限とする。
4、 構造木材を経済的な寸法で使う。

フォトギャラリー(クリックで拡大できます)

この建築作品の基本データ

箇所情報 - 工事の種類 注文住宅
建物の種類 一戸建て 構造 木造軸組み工法
間取り 2LDK 総工費(目安)※ 1000万円
敷地面積 176.0m2 延床面積 76.5m2
設計・デザインのポイント ここでこだわったのは、「高品質な本物の木の家」を「ローコスト」で実現する事でした。多くのローコスト住宅が安普請になってしまうことへ対抗して、この価格の家に、こんな高価な木材が使えるの。こんなすてきな自然素材で出来るの。といった住宅を目指しました。そして、実現しました。例えば、壁天井は、洋風の漆喰塗り、床は厚さ30mmの四国産の杉板と厚さ15mmの信州から松、また浴室の壁は国産のヒバの板張りです。
所在地 千葉県 いすみ市 ロケーション 海の近く
沿線 JR外房線 工期 設計:6ヶ月間  施工:4ヶ月間
竣工 2009年 01月 メディア掲載 -

※この作品事例の登録日は、2019年03月28日です。
※総工費は設計監理料と土地代を除いた総工費の目安金額となります。

この建築家の詳細を見る

この作品の建築家にプランを相談する

市川 均

市川 均アーキネットデザイン

埼玉県ふじみ野市うれし野1-3-14-2F

住まいは、商品ではありません。住まいは買うものではなく、創るものです。アーキネットデザインは人を中心に空間を捉え、住まい手との対話を大切に設計を進めています。だから間取りもデザインも多彩です。共...続きを読む

この作品事例を見たユーザーからの評価

総合評価(平均):

3.6点 / 5点 評価者40人

評価の詳細

デザインがいい
(3.4点/5点) 評価者40人
コストに納得
(3.7点/5点) 評価者40人
参考になった
(3.7点/5点) 評価者40人

この作品を評価する

デザインがいい
コストに納得
参考になった

市川 均さんの作品事例をもっと見る

この作品に付けられたタグ

この作品事例を見た人は、こんな事例も見ています 

この作品事例に関連するページへのリンク

千葉県の近隣エリアで設計事務所を探す

千葉県を含めた近隣エリアで建築家を探す

千葉県を含めた近隣エリア作品事例を探す

このページの先頭へ