市川 均 建築家・市川 均さんの作品

大屋根の洋館(和洋折衷住宅)

大きな切り妻屋根と深い軒が特徴です

大きな切り妻屋根と深い軒が特徴です

依頼者の要望
住まい手の希望はアメリカ留学の経験から、本物のアメリカンハウス。例えば、玄関ドアは防犯性と人を招き入れる気持ちから内開き、日本的様式の所謂玄関はいらない、南面採光にはこだわらない。などなど。しかし反面、生まれ育った住まいは典型的な日本家屋。和室も大好き、さらに施工は友人の大工棟梁に任せたいので在来工法にしたい。
建築家のコメント
仕上げ材も本物にこだわりました。外壁は石灰モルタル(洋風の漆喰)と無垢の米杉材のラップサイディング張り。内部は、壁天井は、真っ白な石灰プラスター(薄塗り漆喰)塗り、床はテラコッタタイルと天然土佐栂の板張りとなっています。

フォトギャラリー(クリックで拡大できます)

この建築作品の基本データ

箇所情報 - 工事の種類 注文住宅
建物の種類 一戸建て 構造 木造軸組み工法
間取り 4K 総工費(目安)※ 3200万円
敷地面積 437.0m2 延床面積 170.0m2
設計・デザインのポイント この家はアメリカンハウスと日本の伝統建築を融合させた、本物の和洋折衷住宅=洋館です。
構造材は人工乾燥した熊本県小国杉、木組みは日本の伝統的技術を活かし、大工の手刻みによる仕口継手の加工。金物はホールダウン以外ほとんど使いませんでした。
所在地 埼玉県 熊谷市 ロケーション 郊外
沿線 東武東上線・JR高崎線 工期 設計:8ヶ月間  施工:7ヶ月間
竣工 2003年 06月 メディア掲載 -

※この作品事例の登録日は、2013年05月16日です。
※総工費は設計監理料と土地代を除いた総工費の目安金額となります。

この建築家の詳細を見る

この作品の建築家にプランを相談する

市川 均

市川 均アーキネットデザイン

埼玉県ふじみ野市うれし野1-3-14-2F

住まいは、商品ではありません。住まいは買うものではなく、創るものです。アーキネットデザインは人を中心に空間を捉え、住まい手との対話を大切に設計を進めています。だから間取りもデザインも多彩です。共...続きを読む

この作品事例を見たユーザーからの評価

総合評価(平均):

1.6点 / 5点 評価者7人

評価の詳細

デザインがいい
(1.4点/5点) 評価者7人
コストに納得
(1.7点/5点) 評価者7人
参考になった
(1.7点/5点) 評価者7人

この作品を評価する

デザインがいい
コストに納得
参考になった

市川 均さんの作品事例をもっと見る

この作品に付けられたタグ

この作品事例を見た人は、こんな事例も見ています 

この作品事例に関連するページへのリンク

埼玉県の近隣エリアで設計事務所を探す

埼玉県を含めた近隣エリアで建築家を探す

埼玉県を含めた近隣エリア作品事例を探す

このページの先頭へ