市川 均 建築家・市川 均さんの作品

明るくおしゃれな木造医院併用住宅ー住宅部

住宅の正面玄関です。玄関の隣はビルトインガレージで跳ね上げ式ドアが特徴です。

住宅の正面玄関です。玄関の隣はビルトインガレージで跳ね上げ式ドアが特徴です。

依頼者の要望
医院を休む事なく、また敷地外に引越す事なく建替えたいというのが一番の思いでした、幸い敷地内に不要の建物があったので、先にそこに住宅を建て無事に引越す事が出来ました。その後、古い住宅部分と医院の一部を解体し、その場所で仮診療所で診療を続けながら医院を建設します。
建築家のコメント
外観で印象的なグリーン色はお施主さんと共に多くの色サンプルを作成し決めた色です。雑木林の残る周囲の環境に調和した中で、でも印象的な外観となったと思います。また隣地の雑木林と繋がる中庭のウッドデッキは現在は未施工ですが、医院の完成後には施工する予定ですので、楽しみです。
建物は伝統的な木組みを用いた軸組工法で、壁天井は洋風漆喰塗り、床は国産くるみ板張りという自然素材の家です。とかく和風で暗いイメージの木と漆喰の家ですが、色を窓の配置により、このような明るくポップな家に仕上がります。また、屋根の天然スレート葺きも価格もリーズナブルで耐久性が良いのでお勧めです。

フォトギャラリー(クリックで拡大できます)

この建築作品の基本データ

箇所情報 洗面  キッチン  外壁  屋根  リビング・ダイニング  和室  玄関  工事の種類 注文住宅
建物の種類 一戸建て 構造 木造軸組み工法
間取り 3LDK 総工費(目安)※ 6000万円
敷地面積 812.0m2 延床面積 316.0m2
設計・デザインのポイント 敷地西側に雑木林が残る土地での医院併用住宅の建て替えです。医院を休む事なく建替えるため、医院と住宅を別々に建替え後でそれらを渡り廊下でつなげる計画としました。今回はその住宅部分をご紹介します。隣地の林をリビングの借景とし、さらに雑木林と一体化する中庭を設ける設計です。また、南側に建設され医院の上部から光を取込むためにリビングを吹抜けとしました。
所在地 埼玉県 ロケーション 郊外
沿線 - 工期 設計:1年間  施工:2年間
竣工 2017年 12月 メディア掲載 -

※この作品事例の登録日は、2018年06月20日です。
※総工費は設計監理料と土地代を除いた総工費の目安金額となります。

この建築家の詳細を見る

この作品の建築家にプランを相談する

市川 均

市川 均アーキネットデザイン

埼玉県ふじみ野市うれし野1-3-14-2F

住まいは、商品ではありません。住まいは買うものではなく、創るものです。アーキネットデザインは人を中心に空間を捉え、住まい手との対話を大切に設計を進めています。だから間取りもデザインも多彩です。共...続きを読む

この作品事例を見たユーザーからの評価

総合評価(平均):

1.7点 / 5点 評価者5人

評価の詳細

デザインがいい
(1.8点/5点) 評価者5人
コストに納得
(1.8点/5点) 評価者5人
参考になった
(1.6点/5点) 評価者5人

この作品を評価する

デザインがいい
コストに納得
参考になった

箇所ごとの詳細を見る (クリックで各箇所のページへ移動します)

  • 洗面白い漆喰の壁と天井、白い床タイルに高窓の光が注ぐ明るい洗面所です。 白い漆喰の壁と天井、白い床タイルに高窓の光が注ぐ明るい洗面所です。
  • キッチン機能的なⅠ型キッチンです。 機能的なⅠ型キッチンです。
  • 外壁白いしっくい壁とグリーンの板張りが周囲の環境と調和しています。 白いしっくい壁とグリーンの板張りが周囲の環境と調和しています。
  • 屋根天然素材ですが瓦よりモダンな印象の天然スレート葺きの屋根です。 天然素材ですが瓦よりモダンな印象の天然スレート葺きの屋根です。
  • リビング・ダイニング白いと茶色のシンプルな色構成です。 白いと茶色のシンプルな色構成です。
  • 和室障子の桟はデザインが楽しいです。 障子の桟はデザインが楽しいです。
  • 玄関両開きの内開き戸はお客様を招き入れるため 両開きの内開き戸はお客様を招き入れるため

市川 均さんの作品事例をもっと見る

この作品に付けられたタグ

この作品事例を見た人は、こんな事例も見ています 

埼玉県の近隣エリアで設計事務所を探す

埼玉県を含めた近隣エリアで建築家を探す

埼玉県を含めた近隣エリア作品事例を探す

このページの先頭へ