荒川晃嗣+荒川朱美 建築家・荒川晃嗣+荒川朱美さんの作品

門戸厄神の家

前面道路から外観を見る

前面道路から外観を見る

依頼者の要望
依頼主は若いご夫婦で、ご希望になったイメージは、ヨーロッパの民家のイメージです。特にアンティークの物がお好きで、リビングへの扉はアンティークショップで買われた古い扉を利用するように希望されました。電気のスイッチも、パチンとレバーを動かす旧式タイプを買われていたので、それを利用しています。それと、薪ストーブをリビングに置きたいと希望され、そのこともあってリビングを吹き抜け空間にしました。仕上材はナチュラルなものを好まれましたので、木材は無垢材にワックス仕上としています。奥様が歯科技工士で、趣味で彫金もされているので、そのアトリエを玄関わきに設けたいと希望されたので、来客がサブ玄関から直接入れるように工夫しています。
建築家のコメント
築30年以上の木造2階建の建売住宅の全面リフォームです。依頼主のご主人の実家でしたが、最近は住宅としては使用されていませんでした。建て売り住宅のため、間取りが細かく大きな空間がなかったため、1部2階の床を撤去して吹抜け空間を造り、光が上から降りそそぐLDKにしました。実家としてお住まいの時に、ガレージ上部を増築されていましたが、今回それを撤去して2階のライブラリーから出られるルーフデッキを造っています。1階道路側は奥様の彫金アトリエを造り、トップライトから採光して落ち着いて創作できるスペースになりました。室内の仕上げは自然素材でまとめ、特にヘリンボーンのフローリングは大変表情のある床になりました。

フォトギャラリー(クリックで拡大できます)

この建築作品の基本データ

箇所情報 スケルトンリフォーム・リノベーション  工事の種類 リフォーム・リノベーション・増改築
建物の種類 一戸建て 構造 木造軸組み工法
施工面積 - 総工費(目安)※ -
築年数 30年 ロケーション 都市部
施工前の間取り 施工後の間取り
設計・デザインのポイント リフォームであるため、設計する上での制約が大きいですが、既存の形を無理やり変えるのではなく、できるだけ既存の構造を利用して補強しています。ただ、リビングルームに光が入って来ないというのはどうしようもなかったので、リビングの上にあった和室を撤去して吹抜けにし、上部の窓から光が降り注ぐようにしました。このことにより、この家の構成は大きく変わり、全く違った家に生まれ変わりました。
所在地 兵庫県 西宮市 沿線 -
工期 - 竣工 2012年 05月
メディア掲載 -

※この作品事例の登録日は、2018年06月11日です。
※総工費は設計監理料と土地代を除いた総工費の目安金額となります。

この建築家の詳細を見る

この作品の建築家にプランを相談する

荒川晃嗣+荒川朱美

荒川晃嗣+荒川朱美テクトスタジオ

京都府京都市下京区亀屋町48番地(若宮通松原下る)

住宅の設計には普遍的な正解というものがないと思います。答えはクライアントの数だけありますし、敷地によっても解答は違ってきます。多くのクライアントは自分が何を求めているのか、はっきりしない場合がほ...続きを読む

この作品事例を見たユーザーからの評価

総合評価(平均):

0点 / 5点 評価者0人

評価の詳細

デザインがいい
(0点/5点) 評価者0人
コストに納得
(0点/5点) 評価者0人
参考になった
(0点/5点) 評価者0人

この作品を評価する

デザインがいい
コストに納得
参考になった

箇所ごとの詳細を見る (クリックで各箇所のページへ移動します)

荒川晃嗣+荒川朱美さんの作品事例をもっと見る

この作品に付けられたタグ

この作品事例を見た人は、こんな事例も見ています 

兵庫県の近隣エリアで設計事務所を探す

兵庫県を含めた近隣エリアで建築家を探す

兵庫県を含めた近隣エリア作品事例を探す

このページの先頭へ