建築家・高野俊吾

建築家・高野俊吾

高野俊吾建築設計事務所

新潟県 富山県 石川県 福井県 山梨県 長野県 東京都 神奈川県 千葉県 埼玉県 栃木県 茨城県 群馬県 大阪府 京都府 兵庫県 滋賀県 奈良県 和歌山県 愛知県 静岡県 岐阜県 三重県 鳥取県 岡山県 島根県 広島県 山口県 香川県 愛媛県 徳島県 高知県 福岡県 大分県 佐賀県 長崎県 熊本県 宮崎県 鹿児島県

一戸建て/マンション/オフィス・事務所/店舗/ビル一棟/公共建築(役所・学校等)/次世代クリニック・医療施設/その他

未購入物件への同行無料 子育て経験有り 受賞歴あり 

□設計・監理業務の流れ
・ステップ1 ・・・「無料」期間:ご相談⇒ヒアリング⇒ファーストプレゼンテーション
 ⇓
・ステップ2 ・・・「設計」期間:設計・監理契約⇒基本設計⇒実施設計⇒工事見積
 ⇓
・ステップ3 ・・・「監理」期間:工事(監理)⇒竣工引渡

詳しくは弊事務所HPをご覧ください。

建築家・高野俊吾さんの作品事例

名前 / 所属 高野俊吾 / 高野俊吾建築設計事務所 住所 広島県広島市南区仁保新町1-7-9
URL ホームページ  TEL / FAX
設計・監理料の目安 建築工事費の9%以下(リフォームの場合は10%) 設計・監理料の最低ライン 設けていない
得意な技術・こだわりポイント 狭小住宅・別荘・再生・地震対策・耐震・パティオ(中庭)・吹き抜け・メゾネット・店舗デザイン・都市計画 得意なロケーション 都市部・郊外・海の近く・山地・山の近く・高台・住宅密集地
得意な予算帯 ミドルコスト・ハイコスト 得意な構造 木造(全般)・鉄骨造(S造)・鉄筋コンクリート(RC造)・鉄骨鉄筋コンクリート造(SRC造)
メッセージ コミュニケーションを大事にし、シンプルでバランスを重視した設計を行います。コンピュータを用いて内部環境を予測するなど、”根拠を持ったデザイン”もモットーです。
中学時代、自宅の建替での家づくりの楽しさと建物が出来上がっていくドキドキ感をきっかけに建築を志しました。大学卒業後、設計事務所で設計技術を習得。建築主様の意向を汲み、様々な建物で実績を積む中で、「考えたことは裏切らない。悩みながらも考えぬくことで良いものが出来上がる」と実感。完成した喜びをより建築主様に近い所で分ち合いたいという思いから独立。全体を把握しながら細部まで腰を据えて設計を行うことを目標にしています。
一品製作である建築において、そのデザインの根拠を提示しながら建築主様と共に創り上げる設計を行います。新たな暮らしを思い巡らせる楽しさと出来上がっていくドキドキ感、完成時の納得感、そして使っていく上での満足感。これらをより多くの人と共有したいと考えています。
プロフィール 1993年 修道高校卒業
1998年 京都大学工学部建築学科卒業
2000年 京都大学大学院工学研究科建築学専攻修了
2000年~2013年 株式会社 松田平田設計
2013年 高野俊吾建築設計事務所設立
受賞歴 2008年 国土交通省第7回営繕技術コンクール最優秀賞(筑西しもだて合同庁舎)
2008年 日本建築家協会優秀建築選(筑西しもだて合同庁舎)
2008年 MHS AWARD 2008 作品奨励賞(PWSQ2)
2012年 MHS AWARD 2011 業績賞(G-MECビル)
2016年 ひろもくデザインアワード 優秀賞(HO邸リノベーション)
2017年 ひろしま住まいづくりコンクール2016 広島県知事賞(HO邸リノベーション)
主な作品実績 2005年 虎ノ門ビルファサード改修 ※1
2007年 筑西しもだて合同庁舎 ※1
2007年 シビックコア広場公園整備 ※1
2008年 PWSQ2 ※1
2008年 世田谷区立駒沢小学校 ※1
2008年 第2福利久ビル ※1
2009年 一番町弘和ビル ※1
2010年 G-MEC ※1
2011年 APS計画 ※1
2013年 TG平沼 ※1
2013年 奥多摩園リニューアル ※1
2015年 KO邸
2016年 HO邸リノベーション
2016年 ピクトル出雲画像診断室
※1:松田平田設計在籍時
メディア出演・掲載 KJ(建設ジャーナル) 2016年10月号
生年月日 / 星座 1974年04月05日 / おひつじ座 出身地 / 血液型 広島県/ A型
好きな色 紺色・藍色・江戸紫・赤紫 好きな本
好きな映画 趣味 趣味はサッカー(サッカー歴29年)
ビールを飲むこと。
保有資格 一級建築士
CASBEE評価員、木造耐震診断・耐震改修技術者、省エネルギー設計技術者
加盟団体・協会など 日本建築学会、建築士会

この建築家は0人のお気に入りに登録されています。


広島県の近隣エリアで建築家を探す

鳥取県 | 岡山県 | 島根県 | 山口県

このページの先頭へ