伴尚憲 建築家・伴尚憲さんの作品

Everlong

永遠に存続する願いと共にある住宅

永遠に存続する願いと共にある住宅

依頼者の要望
クライアントからは永遠にこの住宅が残り続けられるようにとの願いが託されている。都市部にある敷地ということで、将来的に住宅に限らず、店舗、ギャラリーなど利用形態を変えるという要望に追従できることも設計条件となった。Everlongはそれに因んで名付けられた。
建築家のコメント
建物を永く存在させる為に可変的な建築システムが求められた。
細幅の壁を10本の鉄筋コンクリートのバンドが束ねており、地震時の水平力に耐える機能をしている。次に、バンドの上に木造の床を必要な高さを確保しながら設置した。木造は増築や改修を容易にし、将来の変化に対し追従すると考える。高さの変化にも対応可能で、10本の鉄筋コンクリートのバンドと木造の床は10段の可動棚のように機能する。
片や内部空間は、障子により即物的に空間を仕切れるようになっている。障子が空気のボリュームを変えることで温度環境を調整する。
短期的にも長期的にもインタラクティブに変化を受け入れ、街や人に寄り添うことで永年存在するだろうと考える。

フォトギャラリー(クリックで拡大できます)









この建築作品の基本データ

箇所情報 - 工事の種類 注文住宅
建物の種類 一戸建て 構造 その他(鉄筋コンクリート造+木造)
間取り 7LDK 総工費(目安)※ 8000万円
敷地面積 125.1m2 延床面積 254.0m2
設計・デザインのポイント 都市中心部付近の近隣商業地域に建つ。住宅兼ギャラリーとして完成したが、将来は様々に用途変更可能な住宅として計画された。外部は鉄筋コンクリート造(RC造)、内部は木造としている。RC造は長寿命だが変更が困難、方や木造の寿命は30、40年と短いが更新性が高い。双方の有意義な性質を合わせることで長寿命化を目指し、将来の変更に対応しながら存在し続けるだろうと考える。
所在地 愛知県 名古屋市千種区 ロケーション 都市部
沿線 - 工期 -
竣工 -年 メディア掲載 LEAF Awards(UK)上位6位入選2016年 7月 
ArchDaily2016年 2月
Designboom2016年 2月

※この作品事例の登録日は、2018年12月10日です。
※総工費は設計監理料と土地代を除いた総工費の目安金額となります。

この建築家の詳細を見る

この作品の建築家にプランを相談する

伴尚憲

伴尚憲株式会社bandesign

愛知県名古屋市東区東区代官町39-22太洋ビル2F7号室

豊かな建築をつくりあげるために最善のプロセスにて進めたいと考えます。 単に、決められた方法での進め方ではなく、お客様にとって最良のプロセスを導き出します。 常にサスティナビリティについて考えな...続きを読む

この作品事例を見たユーザーからの評価

総合評価(平均):

3.4点 / 5点 評価者9人

評価の詳細

デザインがいい
(3.7点/5点) 評価者9人
コストに納得
(3.2点/5点) 評価者9人
参考になった
(3.4点/5点) 評価者9人

この作品を評価する

デザインがいい
コストに納得
参考になった

伴尚憲さんの作品事例をもっと見る

この作品に付けられたタグ

この作品事例を見た人は、こんな事例も見ています 

この作品事例に関連するページへのリンク

愛知県の近隣エリアで設計事務所を探す

愛知県を含めた近隣エリアで建築家を探す

愛知県を含めた近隣エリア作品事例を探す

このページの先頭へ