清水 義文 建築家・清水 義文さんの作品

ラウンジのある2世帯住宅

パブリックな部分と、プライベート空間を両立させることに苦心した2世帯住宅です。

パブリックな部分と、プライベート空間を両立させることに苦心した2世帯住宅です。

依頼者の要望
下記の5点がご要望でした
① 2世帯がそれぞれに落ち着いて暮らせる、完全分離型の2世帯住宅。
② 法事をはじめ、パーティーなどの大人数の来客が定期的にあることへの対応
③ 会社に隣接しているため、VIP来客をもてなす空間としての場
④ 堅牢な建物、大空間を木造で実現すること。
⑤ シンプルで、装飾的にならない建物
建築家のコメント
私達がまず着目したのが、パーティーや法事ができる空間をどう作るかでした。
各世帯のプライバシーをまもりつつ、様々な人が出入りできる場所として、共通のエントランスを兼ねたラウンジという大空間を準備しました。
このラウンジを通過して、各世帯の内部玄関から各世帯の居住エリアに入っていきます。
また、木造で大空間を作りたいとのご要望には、一部鉄骨梁で補強するなどを用いて、実現しています。

フォトギャラリー(クリックで拡大できます)

この建築作品の基本データ

箇所情報 - 工事の種類 注文住宅
建物の種類 一戸建て 構造 木造軸組み工法
間取り 5LDK 総工費(目安)※ 15000万円
敷地面積 3300.0m2 延床面積 500.0m2
設計・デザインのポイント まだ古いコミュニティーの残る東京郊外に立地したお宅です。施主様は地域の名士であり来客がとても多いこと、隣接する会社との関係、3世代2世帯が住む住宅であることから、
ハレの場と、生活の場をどう区切り、またつなげるかが課題となりました。
所在地 東京都 三鷹市 ロケーション 都市部
沿線 - 工期 設計:6ヶ月間  施工:10ヶ月間
竣工 2017年 02月 メディア掲載 -

※この作品事例の登録日は、2017年04月24日です。
※総工費は設計監理料と土地代を除いた総工費の目安金額となります。

この建築家の詳細を見る

この作品の建築家にプランを相談する

清水 義文

清水 義文株式会社SOU建築設計室

東京都品川区西五反田4丁目29-18オオヌキビル2F

【納得の家】【提案の家】【個性の家】をテーマに、総額1000万円台のローコスト住宅から、高級住宅までそれぞれのお客様のご要望に応じ提案・提供しています。 きめ細かく丁寧に対応し、デザインに責任を...続きを読む

この作品事例を見たユーザーからの評価

総合評価(平均):

4.1点 / 5点 評価者712人

評価の詳細

デザインがいい
(4.1点/5点) 評価者712人
コストに納得
(4.1点/5点) 評価者712人
参考になった
(4.1点/5点) 評価者712人

この作品を評価する

デザインがいい
コストに納得
参考になった

清水 義文さんの作品事例をもっと見る

この作品に付けられたタグ

この作品事例を見た人は、こんな事例も見ています 

この作品事例に関連するページへのリンク

東京都の近隣エリアで設計事務所を探す

東京都を含めた近隣エリアで建築家を探す

東京都を含めた近隣エリア作品事例を探す

このページの先頭へ