建築家・ナイトウタカシさんのブログ「敷地の法規制。しっかりプロに調査依頼を!」

敷地の法規制。しっかりプロに調査依頼を!

2019/06/27 更新

写真。なんだか小難しい感じの写真ですね(笑)



こちらは。

敷地にかかる法規制を確認するときに

使うチェックリストなんですよね。



家づくりをスタートする前に、

法規制の確認は、とっても大事です。



だって。

場所によっては、高さの上限があったり、

敷地境界線から離隔を取らなくてはいけなかったり、

植栽等の緑化する面積が決まっていたり。



いろいろあるんです。



土地を取得したりすると、重要事項説明書という

書類があって、その中に、こういった規制は

一通り書き込んであるんです。



不動産関係者がしっかり調べてきていて、

記載してるはずなんですが。。。。



経験上、その調査結果が違ってたことも

あったりします。



例えば。

大きな道路があって、その道路ができるまでは、狭い道。

大きな道が国道で、狭い道が市道。



市役所で調べると、昔の幅員。

国に確認すると、新しい正しい幅員。



市役所だけの情報では、狭いままですよね。



実際、その幅員が記載されていました。

現実は、全然大きな道路なのに(笑)



道路の幅が違うと、何か影響あるの??

と思われた方もいますよね。



実は、道路が狭いと、

1)道路に近づいて家を建てるのが厳しくなります。

2)幅が4m未満だと、境界線を控えて計画することが必要になります。



道路が北側だったりしたら、北側に必要のない

空地を作ることになってしまいます。



どう思いましたか??



私は、そういったことは絶対いやなので、

自分で、すべて調べに行ってきます。



それでも。

役所の伝達ミスで、大ごとも経験したことがあります。



誰かが調査したからOK。

ではなくて、しっかりと、自分で、自分事として

調査をするようにしています。



大事な大事な家づくりですからね。

注目の建築家

ARCHITECT’S BLOG

建築家ブログ最新記事:RSS

インテリアの色や素材を決め…

ナイトウタカシ

2019.08.24
いろんな色や素材が並んでいます。 ...

建築家:ナイトウタカシ

オーダーキッチンのディテール

石本輝旭

2019.08.23
オーダーキッチンはキッチンとしての...

建築家:石本輝旭

西早稲田の家 現場レポート

山本浩三

2019.08.23
西早稲田の家の大工工事が完了しまし...

建築家:山本浩三

フォンテトレーディングの最…

山本浩三

2019.08.23
デザイン性の高い水回りの商品、販売...

建築家:山本浩三

「家主と地主」に掲載されま…

山本浩三

2019.08.23
弊社設計の「ルヴァンス二俣川」が賃...

建築家:山本浩三

建築家ブログ記事一覧へ

ISSUE

how to use

建築家オウチーノの使い方

FAQ -よくある質問と答え-

専用フォームで24時間お問い合わせ受け付けます

一般の方、建築家の方、不動産会社の方専用フォーム

TRUSTe

このページの先頭へ