建築家・ナイトウタカシさんのブログ「ラフなイメージから家のカタチへのプロセス」

ラフなイメージから家のカタチへのプロセス

2019/07/26 更新

昨日、とある現場に打ち合わせへ行ってきました。



いつもは、現場監督との打ち合わせなんですが、

昨日は、ちょっと違います。



大工さんをはじめ、建材屋さんなども交えて、

仕様等の最終確認をしました。



図面に書いてあるからって言えば、それまでですが、

現場を見ながら、それを敢えて確認していくプロセスでした。



こちらの現場の監督は、凄腕の方。

だからこそ、とても手堅く、しっかり確認してくれます。



〇〇でいいですよね?

はい。大丈夫です。



そんな感じで進んでいきます。

過ぎてみると、結構時間を費やしてます。



でも。こういった丁寧なプロセス。

大事にしていきたいです。




二枚目。

なんだか、ひどい落書き見えますか?(笑)



新しい家づくりを考える機会をいただいています。

写真は、そのスケッチなんです。



たくさん伺った要望を頭の中で整理しながら、考えます。



敷地を大きさで大枠を決めて、

それから、必要所室の大きさ、つながりを紐解いていきます。



朧げなイメージからスタートして、

すこしずつ、カタチにしていきます。



何度か繰り返していくと、ラインがハッキリしてきて、

家ができてきます。



ぼやけていたのが、はっきり見える感じになるので、

ある意味スカッとしますね(笑)



出来上がり!

と思ったのもつかの間。



その計画案を前提に、別案を考えていきます。

というか。

いろいろ考えだすと、別案になっていきます。



もう出ない!

というところまでは、ノンストップ。

これもいいかも、これもいいかも。なんて。



他の建築家さんは知りませんが、

私は、そんな流れで計画案を考え出しています。



いろんな可能性があるなら、それを否定せず、

しっかりとアプトプットしていく。



そのうえで、何が最善なのかを考えるようにしています。

まぁ。これでいっか。なんてことはあり得ませんね。



だって。

大事な大事な家づくりですから。

注目の建築家

ARCHITECT’S BLOG

建築家ブログ最新記事:RSS

アウトドアリビングにダイニ…

ナイトウタカシ

2020.02.21
リビングからフラットにつながるテラ...

建築家:ナイトウタカシ

ベイウィンドウのある家:電…

北原啓子

2020.02.20
ベイウィンドウ(Bay windo...

建築家:北原啓子

2001年宇宙の旅HALの…

竹内国美・竹内由美子

2020.02.20
2001年宇宙の旅のHALのような...

建築家:竹内国美・竹内由美子

いろんな形で光を感じれます!

ナイトウタカシ

2020.02.20
とある家づくりの現場のワンショット...

建築家:ナイトウタカシ

2001年宇宙の旅のHAL…

竹内国美・竹内由美子

2020.02.19
最初に考えたデザインは機能の問題あ...

建築家:竹内国美・竹内由美子

建築家ブログ記事一覧へ

ISSUE

how to use

建築家オウチーノの使い方

FAQ -よくある質問と答え-

専用フォームで24時間お問い合わせ受け付けます

一般の方、建築家の方、不動産会社の方専用フォーム

TRUSTe

このページの先頭へ