建築家・ナイトウタカシさんのブログ「構造の検査はしっかりと!」

構造の検査はしっかりと!

2020/04/21 更新

とある家づくりの現場ですね。(一枚目)



斜めにかかる梁がいい感じ。



向かって右側が南になるんですが、

すんごい大きな窓から、たくさんの光を

取り入れることができそうです。



このまま梁を見せてもよさそうですが、

レッドシダーの天井にするので、隠れてしまいます。



惜しい!なんて。



奥にブルーの上着を着た人がいますよね。

この方。瑕疵保険の関係の検査員なんです。



実は、昨日、こちらの家の中間検査だったんです。



確認申請という手続きの検査員と

瑕疵保険の関係の検査員がいます。



両者でチェックするポイントは全然違います。



ちなみに。

私と現場監督は、両方をチェックします。



この段階では。。



今後隠れて見えなくなってしまう構造躯体について

図面通りに施工されているかをチェックします。



例えば二枚目。



バッテンがありますよね。



これ。

筋交いといって、地震の時に耐えるために必要です。



この筋交いが、構造計算で導かれた図面通りに



・配置されているのか。

・向きは間違っていないか。

・端部はしっかりと金物で固定されているか。

・金物は認定品で専用ビスで必要本数固定されているか。



筋交い一つとっても、これだけあります。



さらに三枚目。



構造用の合板なんですが。



厚みは大丈夫か。

釘の種類、本数、ピッチはどうか。

釘のめり込みはないか。

受け材はしっかり取り付けされているか。



こちらも結構チェック事項があります。



さらに。

柱と梁や土台とは、専用の金物で固定しますが、

それが、全ての箇所、適切に、設置・固定されているのかも

合わせて確認していきます。



さらに。。。。(汗)



チェックする項目は、たくさんあって、

全てをじっくりチェックすると、2時間ほどかかります。



検査に立ち会いする前に、私はチェックしてしまいます。



いろんな人がいろんな角度からチェックして、

ヒューマンエラーをなくしていくんです。



特に、構造に関係するところだから、大事ですから。



じっくりと、しっかりと工事の監理もしています。

それも建築家として、大事な役割ですからね。

注目の建築家

ARCHITECT’S BLOG

建築家ブログ最新記事:RSS

オフィスデザインもうすぐ完成

石本輝旭

2020.05.29
現在大阪で着工中のオフィス改装工事...

建築家:石本輝旭

生活スタイルって、十人十色!

ナイトウタカシ

2020.05.28
このムラ感。どうですか?(一枚目)...

建築家:ナイトウタカシ

建築ジャーナルに掲載されま…

西島 正樹

2020.05.27
建築ジャーナル(2020年5月号)...

建築家:西島 正樹

テレワークスペース

竹内国美・竹内由美子

2020.05.27
マンションリノベーション。 壁上部...

建築家:竹内国美・竹内由美子

IKEAの家具を採用する時…

ナイトウタカシ

2020.05.27
洗面台の脇にある、二つのハコ。(一...

建築家:ナイトウタカシ

建築家ブログ記事一覧へ

ISSUE

how to use

建築家オウチーノの使い方

FAQ -よくある質問と答え-

専用フォームで24時間お問い合わせ受け付けます

一般の方、建築家の方、不動産会社の方専用フォーム

TRUSTe

このページの先頭へ