建築家・ナイトウタカシさんのブログ「孔の開いた壁とか。磁石のつく壁とか。」

孔の開いた壁とか。磁石のつく壁とか。

2020/04/23 更新

一枚目。なんだか不思議な写真ですよね(笑)



何にフォーカスしてるのかというと。。

右側の穴の開いたボードです。



色が黒いので、いまいちピンときませんが、

こちら、有孔ボードという素材です。



内装材として使います。



昔ながらの使い方は、音楽室でしょうか。

音楽室??



そう。

音楽室の内装って、こんな板が貼ってありませんでしたか?



はい。

きっと貼ってはったはずですよ。



その目的は、吸音なんです。

この孔から音が裏へ進入して、奥の空気層で

熱エネルギーに変換されて、音が吸収されるんですよね。



ちなみに。裏に空気層がなければ、吸音しません。



こちらの家では吸音する音楽室があるのか???

いやいや。違うんですよ。



二枚目をご覧ください。





たくさん開いている孔に、専用のフック等の金物を取り付けて、

壁面に何かを飾ったり、収納しておいたりすることができるんです。



あまり重たいものですと、孔が破断してしまいますが、

ある程度までは大丈夫。



画像のように、デスク周りに採用すると

いろんな細かなものを、ひっかけておけて便利です。





趣味の釣り道具なんかを引っ掛けてますね。



三枚目は、有孔ボードではありません。

何かって?



磁石がひっつくボードで、ホーローパネルといいます。



磁石のついたフックなんかは、100円均一でも売ってたりします。

それらを使えば、こんな風に壁面をつかうことができますよ。



ちなみに、ホーローパネルは、油性マジックで書いてしまっても

ふき取って消すことができるので、それも面白いですね。





新築の時って、壁に釘を打ったり、画鋲をさしたりするのって

抵抗がありますよね。



こういった素材を上手に使えば、そういった心配もなく、

壁を有効に活用することができます。



そういった素材って、結構ありますよ。



いろいろ探してみてくださいね。

注目の建築家

ARCHITECT’S BLOG

建築家ブログ最新記事:RSS

オープンハウス開催 @つく…

井川一幸

2020.06.02
オウチーノユーザーの皆様、こんにち...

建築家:井川一幸

特許出願しました。

片瀬進

2020.06.02
新築不動産投資に役立つ特許を出願し...

建築家:片瀬進

市街化調整区域で家づくりす…

ナイトウタカシ

2020.06.02
茶封筒。 を撮影したわけじゃない...

建築家:ナイトウタカシ

ベイウィンドウのある家:外…

北原啓子

2020.06.01
弊社のベイウィンドウのある家:テラ...

建築家:北原啓子

いよいよ引き渡しでした!!

ナイトウタカシ

2020.06.01
こちらのブログで、何度か登場してい...

建築家:ナイトウタカシ

建築家ブログ記事一覧へ

ISSUE

how to use

建築家オウチーノの使い方

FAQ -よくある質問と答え-

専用フォームで24時間お問い合わせ受け付けます

一般の方、建築家の方、不動産会社の方専用フォーム

TRUSTe

このページの先頭へ