建築家・石本輝旭さんのブログ「軒下での暮らし方」

軒下での暮らし方

2018/07/10 更新

屋根は何のためにあるのだろうか
室内を形成するためだろうか
そもしも人が室内だけで暮らすというのはなんとも
もったいないと思う
もっと自由でいいと考える

ただ外に出るのはいろいろな条件が必要
プライバシーの問題や雨にぬれる、暑い、寒いなど
確かに昔に比べて外の気温は上がり
住みづらくなったと思います
家に入ってエアコン入れてアイスを食べる
それも悪くないですが
もし自分の家が気軽に外に出ることができたら
今の暮らしが少し豊かになるのではないだろうかと考えています
その場所を本気で考え
必要な居場所として建築で表現する

それがクライアントの内面にもっている
「好奇心」を刺激することかなと

私がデザインしているのは「空気感」
現在のクライアントの「空気感」だけではなく
将来まさか自分がこんな趣味をするなんて など
未来への可能性も刺激できたらと
考えています

You only live once,but if you do it right,once is enough.
「人生1回きり、でも1回あれば十分」
うちの事務所の壁に掲げています

注目の建築家

ARCHITECT’S BLOG

建築家ブログ最新記事:RSS

ネットで購入した照明器具も…

ナイトウタカシ

2018.07.22
ステンドグラスをイメージさせるよう...

建築家:ナイトウタカシ

ジブンノスタイル

石本輝旭

2018.07.22
自分のスタイルはどんな感じでしょう...

建築家:石本輝旭

[現場]バードハウス 着工…

永井智樹、小山明子

2018.07.21
軒下の空間を二世帯が共有する住宅の...

建築家:永井智樹、小山明子

すんごいリノベーションの現…

ナイトウタカシ

2018.07.21
一枚目。 すごい眺望ですよね。 ...

建築家:ナイトウタカシ

本を書くエネルギー

相川直子+佐藤勤

2018.07.20
やっと、書店に行ってきた。 趙海光...

建築家:相川直子+佐藤勤

建築家ブログ記事一覧へ

ISSUE

how to use

建築家オウチーノの使い方

FAQ -よくある質問と答え-

専用フォームで24時間お問い合わせ受け付けます

一般の方、建築家の方、不動産会社の方専用フォーム

TRUSTe

このページの先頭へ