石本輝旭 建築家・石本輝旭さんの作品

gap

ファサード

ファサード

依頼者の要望
非日常空間と四季を感じる空間
建築家のコメント
傾斜地に合わせて床レベルを変えながら計画したため、1階天井高が3.8mとなっている。四季を切り取るため、ビルサッシで開口を開けた。

フォトギャラリー(クリックで拡大できます)











この建築作品の基本データ

箇所情報 - 工事の種類 注文住宅
建物の種類 一戸建て 構造 木造軸組み工法
間取り - 総工費(目安)※ -
敷地面積 - 延床面積 -
設計・デザインのポイント 道路面から敷地奥まで約6mの傾斜地に建てるため、敷地形状を活かしてスキップフロアとした
所在地 愛知県 ロケーション 郊外
沿線 - 工期 -
竣工 -年 メディア掲載 -

※この作品事例の登録日は、2019年05月07日です。
※総工費は設計監理料と土地代を除いた総工費の目安金額となります。

この建築家の詳細を見る

この作品の建築家にプランを相談する

石本輝旭

石本輝旭株式会社 CURIOUS design workers 一級建築士事務所

上高畑1丁目29番地1

大切にしていることは「空気感」、要はクライアントの雰囲気をデザインしていきます。 住まい手のご要望をかみくだきながら、「自分らしさ」を最大限発揮していただくために、暮らしについてのコンセプトを話...続きを読む

この作品事例を見たユーザーからの評価

総合評価(平均):

3.2点 / 5点 評価者2人

評価の詳細

デザインがいい
(3.5点/5点) 評価者2人
コストに納得
(3点/5点) 評価者2人
参考になった
(3点/5点) 評価者2人

この作品を評価する

デザインがいい
コストに納得
参考になった

石本輝旭さんの作品事例をもっと見る

この作品に付けられたタグ

この作品事例を見た人は、こんな事例も見ています 

この作品事例に関連するページへのリンク

愛知県の近隣エリアで設計事務所を探す

愛知県を含めた近隣エリアで建築家を探す

愛知県を含めた近隣エリア作品事例を探す

このページの先頭へ