トクラスのシステムキッチン・システムキッチンを解説

リフォーム費用「比較サイト」
リフォームO-uccino(オウチーノ)

リフォームO-uccino(オウチーノ) ナビゲートキャラクター「リフォモ」

会員・商談ページへ

最新!キッチンリフォームのポイント

キッチン選びで特に重視したいのが、「収納の使いやすさ」と「メンテナンスのしやすさ」。毎日のことだからこそ、テキパキ料理ができて、いつでも清潔に保てるキッチンを選びたいもの。ここでは、最新のシステムキッチンを通じて、キッチンリフォームでぜひ知っておきたい3つのポイントをご紹介しましょう!

協力:トクラス株式会社(旧ヤマハリビングテック)

Point1.収納量だけじゃない!?収納は「使いやすさ」も重視すべし!

キッチンの収納では、たっぷり収納できることはもちろんですが、よく使うものとそうでないものを分けてしまっておくことも重要です。よく使う調理器具や調味料などは、体に負担のない動作ですぐに取り出せる位置にしまっておければ料理がテキパキと進み、使いやすさが大幅にアップします。

「出し入れしやすい」&「大容量」これが理想のキッチン収納。

せっかく容量が大きくても、手前のものがじゃまになって奥のものが取り出しにくいようでは、使いやすい収納とは言えません。また、収納量が足りなければカウンターなどにものを置くことになり、作業スペースが狭くなってしまいます。「出し入れがしやすく、収納量もたっぷり」。これが理想のキッチン収納なのです。

キッチン収納の「なんとかしたい!」

手前のものがじゃまになり、奥のものが取り出しにくい

収納量が足りず、ものが出しっぱなしになってしまう

使いたい物にサッと手が届く収納

リフォームで「困った」を解決!

「使いたい物にサッと手が届く収納」
毎日使うまな板やラップ類は扉裏に。ボウル類も腰をかがめずサッと取り出せます。

最新!システムキッチンの注目機能「収納編」

  • 調理中何度も使う物をセット「ハイバックカウンター」

    調理中何度も使う物をセット
    「ハイバックカウンター」

    汚れの溜まりやすい壁際までなめらかな形状の「ハイバックカウンター」。“よく使う物は手元に、カウンターも広々使いたい”をかなえます。

  • 使いやすさに合わせて選べる!多彩な「ベースキャビネット」

    使いやすさに合わせて選べる!
    多彩な「ベースキャビネット」

    デッドスペースになりがちなコーナー部分を活かしたり、幅の狭いスペースを有効活用できる多彩なベースキャビネット。使い勝手に合わせてアレンジできます。

  • 作業スペースが広がる「アイレベル昇降」

    作業スペースが広がる
    「アイレベル昇降」

    調理時に便利な仮置棚やペーパーホルダーを目の前の高さに引き下ろせる「アイレベル昇降」。普段は上部のキャビネットにすっきり収納。

Point2.汚れ知らずのキッチンスペース、ヒケツは「カウンター&シンク」にあり!?

油や水垢、カビなどの汚れは、キッチンには付きもの。でも、毎日使う場所だからこそ、いつでも清潔にしておきたいものです。そのためには、汚れに強く、掃除がしやすいキッチンを選ぶことが重要。汚れやすい場所、掃除のしにくい場所は、どんなキッチンでも、実はほとんど同じ。その1つが、「カウンター&シンク」なのです。汚れ知らずのキッチンへの第一歩は、正しい「カウンター&シンク」選びから始めましょう!

ずっとキレイの決め手は“デキる”カウンター&シンクです

材料を切る・混ぜる・盛りつける、食器を洗う…など、調理作業の約8割は、シンクとカウンターで行われるということをご存じでしょうか? 最もよく使う場所こそ、汚れに強く、掃除しやすいことが理想ですよね。最新のシステムキッチンでは、カウンター&シンクの性能・メンテナンス性が大きく進化しています。“デキる”カウンター&シンクをしっかりチェックして、ずっとキレイなキッチンを手に入れましょう!

カウンター&シンク周りの「なんとかしたい!」

シンクとカウンターの継ぎ目

シンクとカウンターの継ぎ目部分に水垢やカビが付きやすく、掃除がしにくい

シンクとカウンターが一体形状のワークトップ

シンクとカウンターが一体形状のワークトップなら、汚れもつきにくく、掃除もラクラク

排水溝の隙間

排水溝の隙間は汚れやぬめりがたまりやすく、掃除が大変…

シンクと排水溝が一体になったタイプ

シンクと排水溝が一体になったタイプなら、隙間がないので汚れが付きにくい!

人造大理石のワークトップ

リフォームで「困った」を解決!

「人造大理石のワークトップ」
ステンレスに代わって最近注目を浴びているのが、人造大理石のワークトップ(カウンターとシンク)。一体形状で掃除もグッと楽に!

最新!システムキッチンの注目機能「ワークトップ編」

ワークトップ1~3

  • 汚れをスッキリ落とせる!

    キッチンのメンテナンスで最も気になるのが、汚れの問題。人造大理石のワークトップなら醤油やコーヒー、カレーなど、色汚れを放置してしまった場合でも、中性洗剤やクレンザー、研磨材付きのナイロンたわしなどでこすり落とせるタイプが理想的です。

  • 衝撃への強さをチェック!

    ワークトップには、缶詰や調理器具など、固いものや重いものをうっかり落としてしまうこともあるはず。そうした事態を想定し、万が一重いものを落としても割れないよう、材料の厚さや強度が決められているかどうかをチェックしておきましょう。

  • 熱にも強い素材なら安心

    火を使うキッチンでは、熱くなった鍋やフライパンをうっかり置いてしまったり、沸騰したお湯などを流したりといったことも想定されます。熱い物をうっかり置いてしまっても、変形や変色が生じにくい素材でできていれば、安心です。

  • セルフケアですり傷もカンタン補修!

    ワークトップ4細かい傷を家庭で補修できるタイプのワークトップを選べば長くきれいに使えます。すり傷などがついてしまった場合でも研磨材付きのナイロンたわしなどで磨くだけで傷が消え、カンタンに元の美しさが戻ります。

Point3.リフォーム成功の第一歩は「ショールーム」から!

どんなに念入りにカタログをチェックしても、やはり実物を見て、触れてみなければ、リフォーム後のイメージはつかみにくいもの。そんなときは、最新の機器が揃ったショールームに出かけてみてはいかが?最近のショールームでは、実物のシステムキッチンを見たり触ったりするだけでなく、使い勝手や掃除のしやすさを体感できるコーナーも充実。また、現在の住まいに合ったプランの相談や見積りなども無料で受け付けてくれます。キッチンリフォーム成功の第一歩は「ショールーム」から始めましょう!

  • 1.商品の使い心地を確かめられる!

    商品の使い心地を確かめられる!

    ショールームの最大の魅力は、何と言っても実物を直接チェックできる点。カタログやホームページの画像だけでは分からない、素材の質感や大きさ、手に触れたときの感覚、収納の使い勝手などが実感できます。

  • 2.手入れのしやすさを実感できる!

    手入れのしやすさを実感できる!

    見るだけでなく、「触って実感できる」のがショールームのいいところ。例えばシンクやカウンターに、実際にすり傷や汚れを付けて掃除を体験することもできるなど、手入れのしやすさをその場で実感できます。

  • 3.雰囲気・サイズを実感できる!

    雰囲気・サイズを実感できる!

    実際に配置した時の雰囲気やサイズは、カタログや製品単体だけを見てもなかなか分からないものです。ショールームでは、空間展示された製品をチェックできるので、リフォーム後の自分の住まいをイメージしながら選ぶことができます。

  • 4.色の組み合わせをチェックできる!

    色の組み合わせをチェックできる!

    カタログだけではイメージしづらい色の組み合わせも、ショールームならズラリとそろったカラーサンプルでじっくりチェックできます。好みの組み合わせがきっと見つかるはず。

  • 5.現在の住まいに合ったプランの相談や見積りもOK!

    現在の住まいに合ったプランの相談や見積りもOK!

    ほとんどのショールームには、専門知識を持ったスタッフが常駐しています。実物をチェックしたあとの細かい質問や、現在の住まいに合ったプランの相談など、具体的な話ができるのもショールームのメリットです。さらに、見積りも無料で依頼できることがほとんどなので、ぜひ利用しましょう。