居住中のマンションを売却する時に気をつけたい事!

住み替えなどで自宅マンションを売却する場合、マンションに住んだままで売りに出すことになります。売却の決め手となるのは「内覧」です。購入希望者が現れたら、業者さんが物件の内覧に連れてくるのが一般的。その際、内覧者が気持ちよく物件を見学できるよう気を配り、少しでも印象を良くすることは、売却を成立させるためにとても大切なことです。物件の印象は、清掃状況、部屋の明るさや臭い、内覧中の売主の態度などによって上がりもすれば下がりもします。居住中のマンションを売却する時に気をつけたいことを、内覧日までに気をつけたいこと、内覧日当日に気をつけたいことを見ていきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

居住中のマンションを売却する時の注意点【内覧前】

居住中のマンションに来訪する内覧者は、居住中であることを前提としても、新築物件と同様に細かいところまでチェックしたいと考えています。迎え入れる売主側も、それなりの心構えが必要です。リフォームをする必要はありませんが、できる範囲で内覧当日に向けて準備をしましょう。

内覧前に部屋の掃除をしておきたいところですが、まずは不要な物を捨てて掃除がしやすいように身の回りを整理整頓しましょう。きれいに掃除をしようとしても、不要な物があるときれいに掃除がしにくいし、内覧時にはすっきりとした部屋の方が内覧者が受ける印象は良いものになります。マンションの売却が終わった後に引越しをする際にも荷物が少ないほうが楽になるので、この段階で不用品の整理を進めておきましょう。

不要なものを捨てて、部屋が整理されたところで、いよいよ掃除に取り掛かります。まずは、物件の第一印象を決める玄関から始めましょう。靴箱の整理整頓はもちろんのこと、玄関前の掃除も忘れずに。できれば内覧者用のスリッパを用意しておきましょう。
カーテンはあらかじめ全開にしておく方が好印象です。照明をすべてつけ、室内を明るくすれば、より部屋を広く見せられます。ソファーなどの布製品は臭いがつきやすいので、消臭剤などで臭い対策をしておきましょう。
キッチンやトイレ、洗面所などの水回りは、特に念入りに清掃を。カビや水あか、油汚れは、お部屋全体の印象を悪くしてしまいます。 居住中といえども、内覧の時は多少プライベートな部分をさらけ出すことになります。買主としては、寝室や開かずの間の様子も確認したいですし、押し入れやクローゼットを開けて奥行きを測る必要もあるでしょう。見られて恥ずかしいものや、触られては困るものは、備え付けの家具ではないところにしまっておくのがベストです。
居住中のマンションで、ペットを飼っていたり、タバコを吸っていたりしていませんか?住んでいる人にはわからなくても、気になる臭いがあるものです。カーテンは洗濯し、壁や床を拭き、消臭剤を利用するなどして、十分にケアしておきましょう。

居住中のマンションを売却る時の注意点【内覧当日】

いよいよ内覧当日。買主さんが居住中のマンションを訪れる際に、売主としては、どのように対応したら良いのでしょうか?まずは、室内の換気をして空気の入れ替えをしましょう。住んでいる当人は気づかなくても、人が住んでいる部屋は独特の匂いがするものです。買主さんが気持ちよく内覧できるように受け入れの態勢を整えましょう。

内覧時には、いくら業者さん同伴とはいえ、その場に居ないということのないようにしてください。「どうぞご自由にご覧ください」という雰囲気は保ちつつ、着かず離れずの距離で、質問には快く答えるようにしましょう。
買主さんからの質問で気をつけたいのが、「売却の理由」です。何気なく質問をする買主さんもいれば、「何か物件に良くないところがあって売却するのかな」と不安で質問をする買主さんもいます。子供の成長や職場の変更などが理由で住み替える場合などは変に隠す必要はありませんが、マンションに不満があることが理由の場合などはうっかり本音が出ないように気をつけましょう。

「売却の理由」の他には、近隣のスーパーや病院、学校の情報などを質問されるかもしれません。聞かれそうな内容をあらかじめ想定して、回答を準備しておくといいですね。物件のデメリットを聞かれた場合、例え不利な情報でも誠意を持って伝え、その上で改善点やデメリットを上回るメリットをお話しするよう努めましょう。売却が決まったあとに、トラブルにならないコツです。

いかがでしたか?居住中のマンションを売却するときに気をつけたい事をまとめました。内覧日までにしておきたいこと、内覧当日の内覧者への対応について、注意点をピックアップしましたので、内覧の参考にしてみてください。買主にとって、居住中のマンションを訪れる最大のメリットは、一番聞きたい住み心地について、住民の生の声が聴けることです。売主側にもアピールのチャンスになりますので、最大限のおもてなしの心で、内覧者を迎えてください。少しでも良い条件で、売却が成立することをお祈りしております。

早速査定スタート
  • オリンピック需要で不動産相場が上昇
  • 低金利による購入者の増加
  • 人口減少による将来的な不動産相場の低下予想

2020年以降に相場が下落するかも…

だから今のうちに売却!

不動産の種類

不動産の所在地

不明な場合

対応する所在地

査定は無料!入力はたった3分!

一括査定スタート