マンションを売りたい!内覧時の印象を良くする掃除のポイントとは?

マンションの売却をできるだけ有利に進めるために欠かせないのが内覧時の印象を良くすることです。購入者の立場からすれば、汚い物件よりも手入れの行き届いた清潔感のある物件の方が印象が良いのは当然でしょう。中古ではあっても掃除や整理整頓の行き届いたお部屋は明るく居心地のいい空間に映るものです。マンションの売却が決まったら、まずは内覧への準備としてお部屋の大掃除を始めましょう。ここでは特に内覧時の印象を良くする掃除のポイントを紹介します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

第一印象は玄関掃除から

玄関はその家の第一印象を決める場所です。靴や傘などは玄関収納の中にきちんと収納しましょう。靴を履いたり脱いだりするたたきは玄関のメインとも言える、隅々まで掃き清めておきたい部分です。掃き掃除の方法としては、ぬらした新聞紙をちぎったものをまいて、ゴミやホコリと一緒に掃く方法が昔からの知恵としてあります。新聞紙の処分のついでに試してみるのも良いでしょう。掃き掃除の後は、水拭きもしておきます。

また、下駄箱などの玄関収納はニオイがこもりやすいので、ハケでホコリを掃き出し、エタノールを染みこませた布で拭いて除菌をしておきましょう。しばらく開け放しておき十分な換気を行うことも重要です。さらに、消臭剤や芳香剤などを使うと印象が良くなります。

リビングは荷物を少なく

一番長い時間を過ごすリビングの印象は最も大事にしたいところです。購入者がリビングに求めるのは明るさや広さです。余計な荷物は処分し、できるだけ床面積が広くなるように整理整頓しましょう。リビングに物が多かったり散らかっていると、狭くて収納が少ない部屋という印象を与えてしまいます。荷物を片付けたあとの方が掃除がしやすいので、まずはリビングを片付けて、それから掃除に取り掛かりましょう。

ホコリのたまりやすい棚の上や隅々を丁寧に拭き掃除をすることで、部屋全体をきれいに整えられた印象に見せることができます。掃除のポイントとしては高いところから順に掃除をしていき、床に落ちたホコリを掃除したら、拭き掃除の手順で進めると効率よく掃除が進みます。

その他のポイントとしては、ホコリがたまるエアコンの掃除を忘れずにしましょう。また、リビングは布製品が多くニオイがたまりやすいので、内覧前には十分に換気をしておくようにしましょう。

窓はきれいに磨いておく

部屋を清潔で手入れが行き届いている印象に見せるのにはコツがあり、それは光るものは光らせる、透明なものは透明にする、白いものは白くする、ということです。そうすれば実は掃除機をかけていなかったとしても部屋はきれいな印象に映ります。その法則に従って、窓は土ぼこりや手アカを落としてきれいな透明に磨いておきましょう。

窓磨きの方法としては、新聞紙一面分をクシャクシャに丸めたものをいくつか作って、少し湿らせる程度に水をつけたら窓を拭きます。窓がぬれているうちにぬらしていない新聞紙で窓を拭くという方法があります。新聞紙のインクが窓の汚れと相性が良いとのことです。そのほかには、雑巾やタオルで拭く、スクイジーを使うなどさまざまな方法がありますので、自分が良いと思う方法を試してみてください。

窓はきれいに磨いておく

ベランダも掃除をする

マンションではリビングの掃き出し窓とつながってベランダがあるのが一般的です。内覧時には窓の開閉チェックと合わせてベランダもチェック項目に入っています。ベランダに枯葉や虫の死骸、土ぼこりがたまったりしていないように掃き掃除をしておきましょう。もしベランダにシミがあるようなら水を使ってこすり落とした方が良いでしょう。

掃除の際には隣家へゴミが行かないように気をつける、2階以上の場合は階下への水漏れが無いように、周りへの配慮を忘れずにしましょう。加えて、風が弱い日に行えばゴミの飛散が少なく掃除がしやすいでしょう。

水回りの掃除

内覧時にこれだけは気合を入れて掃除をしてほしいと思うのが水回りです。毎日使う場所であるだけに水回りは汚れのたまりやすい場所ですが、ここが汚いとそれだけで生理的に受け付けられないと考える人は多くいます。

キッチンは水アカや油汚れなどはきちんと落とし、蛇口やシンクは拭き上げてピカピカに光らせておきましょう。またバスルームや洗面台はカビや水アカを落とし、髪の毛などが落ちていないか気を付けます。水滴は拭き、蛇口や鏡は磨いておきましょう。

まとめ

長年に渡り積み重なった汚れを落とすのは大変ですが、掃除をすることで内覧時の印象は良くなり、マンション売却にとって有利に働くポイントとなります。しかし自分ではここまできれいにする自信がないという場合はプロのハウスクリーニングを頼むのも良いでしょう。プロのハウスクリーニングならば自分では落とせない汚れなどもすっきりきれいに落としてくれます。

注意点としては、物件がキレイだからといって売却価格が高くなるわけではありません。内覧をしてくれる購入希望者に良い印象を持ってもらって、早く物件が売却できるようにすることが目的です。ハウスクリーニングにお金をかけすぎないように、自分で掃除ができる範囲とプロにお願いしないと難しい範囲を見極めることも重要なポイントの一つです。

早速査定スタート
  1. STEP 1
  2. STEP 2
  3. STEP 3
  4. STEP 4

無料査定スタート