修繕積立金と管理費はマンション売却時どうなる?

分譲マンションを購入すると、ローンの返済の他に、毎月支払わなくてはならないのが「修繕積立金」と「管理費」です。これらの費用、マンションを売却する際にはどういう扱いになるのでしょうか。売却時の返還はあるのでしょうか。気になる事情を説明します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

修繕積立金と管理費ってどんなもの?

修繕積立金と管理費は、どちらもマンションの維持や管理に必要な経費です。違いは使用の目的が、長期的なものか短期的なものかということです。修繕積立金は、敷地や共用部分などの定期的・計画的な修繕、不測の事故やその他に特別な事由によって発生する修繕など、分譲後、大規模な工事が必要な時のために、管理組合の積立金としてプールしておくお金です。一方、管理費は、共有部分の清掃やエレベーターの定期点検、庭の草木の手入れなど、日常的なマンションの管理に使われるお金のことを指します。修繕積立金は建物が老朽化すると、月々の支払額が上がっていく傾向かあると言われています。

修繕積立金や管理費は返還される?

マンションを購入してから数年しかたっていない場合は、まだ大規模な修繕は行われていないでしょう。既に経費が発生している管理費はともかく、まだ使われていない修繕積立金は、マンションを売却した際に戻ってくるものだと思っている方もいらっしゃるようです。実際のところ、修繕積立金も管理費も、売却時に返還されることはありません。これは管理規約(区分所有法に基づいて定められた、マンションごとのルールブックのこと)にはっきりと明記されています。
マンションの管理費や修繕積立金は、管理組合の安定的な維持・運営のために不可欠な重要財産です。それをマンション売却のたびに個別清算していたのでは、安定した組合運営を望めません。そのような理由から「いったん納入された管理費などは返還しない」としておいた方が賢明です。修繕積立金の返還が規約に記載されている場合を除いて、買主は売主が積立てた権利も含めて、物件を購入するのです。

修繕積立金や管理費を滞納したまま売却したら…

もしも、売主が修繕積立金や管理費を滞納していて、それを知らずにマンションを購入してしまった場合はどうなるのでしょうか?区分所有法では「滞納した債務は次の所有者に継承される」と定められています。つまり、滞納された修繕積立金や管理費は、買主に支払う義務が生じるということです。しかし、債務の継承については疑問視する声が多いのも事実。いったん買主が支払ったあとで、元の所有者に請求する場合もあるようです。競売にかけられた物件の場合、修繕積立金・管理費の支払いが滞っている確率も高いので、注意が必要。中古マンションを購入するときには、引き継ぐべき債務があるかどうか、必ず確認するようにしましょう。

マンション売却の際に、修繕積立金・管理費の返還は認められませんが、注意しておきたいことは、売却をするマンションの価格は、修繕積立金の残高も考慮されて決められるということです。所有しているマンションは修繕積立金の運用がきちんとなされているかどうかも査定のポイントの一つだということを覚えておくとよいでしょう。

分譲マンションの維持・管理に必要な「修繕積立金」と「管理費」の事情について、おわかりいただけましたか?法律が管理組合の保護を第一にしていることからもわかるように、修繕積立金と管理費は、マンションにとって大切な経費です。中古物件売却時・購入時のトラブルを避けるためにも、きちんと理解をしておくことが大切ではないでしょうか。

早速査定スタート
  1. STEP 1
  2. STEP 2
  3. STEP 3
  4. STEP 4

無料査定スタート