マンション売却にかかる期間はどのくらい?

マンションを売却する際、多くの人にとって最大の関心事は「いくらで売れるか?」という点だと思います。しかしどんなに高く査定してもらっても、売れるまでに時間がかかりすぎると資金計画にも支障をきたしてしまいます。マンションを売るなら、「どれくらいの期間で売れるか?」、つまり売却期間についてもしっかりと意識しておく必要があります。そこで今回は、マンションを売却するまでに必要な期間の目安、そして、売却までの期間を長引かせないポイントについてご紹介しましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

マンション売却までにかかる期間は平均で「3カ月」程度

マンションが売却されるまでの期間についての統計を見てみると、中古マンションの売却期間(売り出してから成約までの期間)は平均で3カ月程度とされています。もちろん、価格や地域、周辺環境、間取りなどといった諸条件によって大きく変動する可能性がありますし、条件が良くなくても運良く買い手が見つかれば早く売れ、逆に条件が良くても買い手が見つからなければ長い期間売れないこともあります。3カ月という期間は、あくまで目安の1つと考えておいてください。
では、目安である3カ月がたっても買い手が見つからないときはどうしたらよいのでしょうか。早く売りたい場合は値下げを検討するという手もありますが、値下げをしたからといってすぐに売れる保証はありませんし、むやみに値下げをしてしまうと売却価格の相場を大幅に下回ってしまい、結果的に損をするケースも考えられます。まずは内覧希望者がどのくらいの頻度で訪れていて、購入希望者がどのくらいいるのか、といった情報を把握することから始めましょう。内覧希望者や購入希望者が多いにも関わらず成約に結びつかない場合は価格が高すぎる可能性も考えられますが、周辺に似たような条件の物件がいくつか売り出されていて、そちらに購入希望者が流れていることも考えられます。こうした状況を総合的に判断して、値下げに踏み切るのか、しばらく待ってみるのかを慎重に判断する必要があります。

不動産会社を見直してみるのも1つの手

マンションの売却期間を長引かせないためにもう1つ重要なのが、不動産会社の選定です。マンションの売却には通常、それを仲介する不動産会社が必要ですが、不動産会社の販売力が不足しているせいでマンションがなかなか売れないというケースも少なくありません。内覧希望者が少ない場合は特に、不動産会社の見直しを検討するべきでしょう。
不動産会社選定のポイントは、まずその地域でのマンションの売却を得意としているかどうかという点。不動産会社によって得意な分野は異なりますので、戸建住宅の販売や賃貸の仲介ではなく、中古マンションの販売を得意としていて、かつ、売却したい地域での実績が豊富な業者を選ぶようにしましょう。チラシやホームページ、店頭のポスターなどを確認して、中古マンション販売に力を入れているかどうかを見極めてください。また他社との比較も大切です。
他にも、物件の適正価格に関する知見があるかどうか、広告に力を入れているかどうか、内覧の際にきちんと立ち会い、適切に対応しているかどうかなどが見極めのポイントですが、その大部分は担当者の力量次第というケースが少なくありません。対応が丁寧かどうか、身なりがきちんとしているかどうか、メールや電話の返信が迅速かどうかといった基本についてはもちろん、親身になって相談に乗ってくれているか、具体的な客層を想定して売却の戦略を立てているかなどについて、会話の中から見極めることが重要です。

マンションの売却にかかる期間の平均は3カ月程度とされています。ただし地域や条件によって大きく前後する可能性がありますので、あくまで目安として考えましょう。なかなか買い手が付かなくても焦らず、どういったことが原因なのかを確認してみてください。内覧希望者や購入希望者の数、周辺にライバル物件がないか、そもそも物件価格は適正であったのかなど、十分に考慮したうえで対策を検討してください。不動産会社の販売力が不足していることが原因でマンションが売れないことも考えられます。中古マンションの販売を得意としているのかどうかや、担当者の能力・対応などを見極めて、不動産会社を選ぶことが売却期間を長引かせないポイントです。

早速査定スタート
  1. STEP 1
  2. STEP 2
  3. STEP 3
  4. STEP 4

無料査定スタート