マンションを売却するときに相場を知る方法とは?

マンションを売却する際に気になるのが相場。相場よりも高い値段で売りだしてしまうとなかなか売れず後々値下げをする羽目になりますし、相場よりも安い値段で売ると後々後悔することになり兼ねません。しかし、不動産における相場とはなかなか難しいもの。もちろん部屋の構造などによって相場は変わってきますが、マンションが建っている場所によっても左右されます。私たちでもできるマンションの相場を知る方法とはどのようなものがあるのでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

まずはフリーペーパーや査定で調べる

手っ取り早いのがフリーペーパーや査定で調べる方法。簡単に調べられるのがメリットです。フリーペーパーや情報誌などを使って、近隣の似たようなマンションを検索することで、だいたいの相場を掴むことができます。ただし、近隣にマンションが少ない地域などでは、情報を集めにくいというデメリットも。

次に、査定で相場を計る方法。現在は不動産会社に足を運ばなくても、ネットで簡単に査定を受けることができます。築年数や面積などを入力することでマンションの平均的な相場を知ることができます。フリーペーパーなどに比べより詳細が分かるのがメリットです。一社だけでは偏りが出てしまうので、ネットで査定をする際は複数の不動産会社で査定を受けてみましょう。

相場を調べる前に準備しておきたいもの

ネットやフリーペーパーなどを駆使してある程度の相場を知ることは可能ですが、残念ながらより厳密な相場を知ることはできません。ネットや査定は物件の平均的な値段なので目安に過ぎないからです。不動産というものは年月や場所もそうですが、時期によっても変化していきます。より詳細な相場を知りたければ購入時の書類や契約書、固定資産税納付書を用意しましょう。

購入時の書類などは、マンションの専有面積や間取り、築年数などを知る指標になります。固定資産税納付書は記載された納付額や面積などが土地の相場の目安になります。

「評価方法を知ってより詳細な相場を知ろう

マンションなどの不動産の価格は、3つの指標で判断されます。土地における価値と、建物自体の価値、市場の状況です。まず土地における価値について。土地の評価は国や都道府県が発行する地価調査などである程度把握することができます。土地の評価は固定資産税評価額とも大きく関係しているので、固定資産税納付書を用意していると便利です。

次に建物自体の価値。査定でもある程度知ることができますが、インターネット上での中古マンションの情報や国土交通省の発行する不動産価格指標などを見比べてみることでより詳細な相場を算出することができます。市場の動向については、各地域によって異なります。マンションがあるエリア内での不動産の動向について、国土交通省による全国の住宅の供給実態調査や不動産業統計集である程度把握しておくと良いでしょう。

マンションの相場は、インターネットでの売り出し物件や査定による評価を利用するとおおよその値段を簡単に調べることができます。しかし、変化の激しい不動産業界ではマンションの値段が大きく変わることも。より詳細な情報を知りたい場合は、複数の情報を組み合わせて探ってみると良いでしょう。

早速査定スタート
  • オリンピック需要で不動産相場が上昇
  • 低金利による購入者の増加
  • 人口減少による将来的な不動産相場の低下予想

2020年以降に相場が下落するかも…

だから今のうちに売却!

不動産の種類

不動産の所在地

不明な場合

対応する所在地

査定は無料!入力はたった3分!

一括査定スタート