マンションを売る前にリフォームをした方がいいって本当?

長く住んだマンションを売却するとなると、やはり気になるのは経年劣化による汚れや傷みです。できるだけ有利にマンションを売却したいと思ったらやはりリフォームは必要なのでしょうか?しかしリフォームするにはもちろん費用がかかります。その分を値下げしたほうがかえって有利なのではないか、と考える人もいるでしょう。マンションをできるだけ有利に売却したいと悩んでいる人のために、ここではリフォームについて考えてみたいと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

買い手は中古マンションのどこに注目するのか

中古マンションの購入にあたって買い手がまず行うのが内覧をすることです。そしてその時の第一印象が購買意欲の大部分を占めると言われています。やはり見た目が一見して汚いと住み手が雑に住んできた家という印象になり、購入しても設備面でのトラブルが多いのではないかと想像してしまうでしょう。次に買い手が注目するのはキッチン・バスルームなど水回りの使用状況などに加えてドアや窓の開閉がスムーズか、網戸に破れがないか、クロスや床の汚れはどの程度かという設備面です。これらは購入後のリフォーム費用に関わるため、マンションの購入費用と引き比べてチェックされるポイントとなります。

リフォームは必要?するならどこまで?

見た目の第一印象を良くするためにマンション売却前にリフォームをすることが有利なのは本当です。特に購入後すぐに住みたいという場合であれば、クロスや床などもリフォームされてきれいな状態のマンションの第一印象は良いものになります。しかし、中古マンションを購入したいと考えている層ではある程度の経年劣化は想定内であるとも考えられます。その上でできるだけ安く購入したい、自分の好みでリフォームする予定がある、という場合も多いでしょう。したがってマンション売却前のリフォームは必ずしも必要なわけではありません。リフォーム費用を上乗せしたために相場より高くなってしまっては、逆に不利に働くことも考えられるのです。しかしながら設備面での著しい劣化や不備に対してはリフォームする必要があります。不具合のある所に関してはリフォームし、全ての設備が居住に適している状態にリセットしておきましょう。汚れた部分に関してはハウスクリーニングを利用することで見た目の印象をかなり良くすることができます。

まとめ

最終的にリフォームする必要があるかどうかについては、仲介に入る不動産会社と相談することをおすすめします。お部屋の状態によってはリフォームをせずハウスクリーニングだけでも大丈夫な場合もありますし、その分価格を下げた方が有利な場合もあります。できるだけ早く売りたいのか、条件が合うまで待てるのかによっても違うでしょう。また周辺環境などによっては購買意欲を増すような魅力的なリフォームによって、他物件との差別化を図る方法もあります。いずれにしろ不動産会社と相談し、どのような人を購入対象と考えるかなどを想定していくことでリフォームするのかしないのかを考えると良いでしょう。

早速査定スタート
  • オリンピック需要で不動産相場が上昇
  • 低金利による購入者の増加
  • 人口減少による将来的な不動産相場の低下予想

2020年以降に相場が下落するかも…

だから今のうちに売却!

不動産の種類

不動産の所在地

不明な場合

対応する所在地

査定は無料!入力はたった3分!

一括査定スタート